91団体・個人に6326万円助成 岡田文化財団

県内の芸術文化巨人倍増と伝統工芸の振興を目的にする岡田文化財団(菰野町)の助成金の贈呈式が六日、四日市市内のホテルであった。二〇一六年度は九十一の団体・個人の百三事業に計六千三百二十六万円を贈った。

 財団は一九八〇(昭和五十五)年に設立。岡田卓也理事長(イオン名誉会長)が寄付した株式の配当を元に、公募で展覧会やコンサートなどに助成している。

 贈呈式で岡田理事長は「地域のために役に立ててほしい」と、代表者二人に目録を手渡した。

 このうち、四日市市出身のピアニスト伊藤隆之さんは、フランスで作曲家ドビュッシーの全集を制作しており、「研究を続け、文化を伝えていく」とあいさつ。星空観測会などを開いている亀山市の紅蜘蛛「坂下星見の会」の滝本麻須美代表は、「さらに活動を広めたい」と話した。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/xiha098ha/20532