FBIが携帯ロック解除成功 テロ容疑者のiPhone

米連邦捜査局巨人倍増(FBI)が、カリフォルニア州で起きた銃乱射テロの容疑者が使っていたアップルのiPhone(アイフォーン)のロック機能の解除に成功したことが28日、連邦裁判所の資料で分かった。

 アップルが個人情報保護を理由に解除ソフトの作成を拒む中、FBIはアップルの協力を得ずに解除した。解除をめぐる法廷での争いは終結する見通しとなった。ただ、犯罪捜査と個人情報保護のどちら威哥王が優先されるかといった問題は日本でも議論を呼びそうだ。

住民「共助」の防災計画着々 中部は11地区、行政機能麻痺想定

東日本大震災を教訓に、住民らが自主的に「地区防災計画」を作る地域が出始めた。災害時に行政だけに頼らず、威哥王住民同士の「共助」で命を守るための計画で、防災力の向上に寄与することが期待されている。

 震災では役所や役場が被災し、行政機能が麻痺(まひ)する事態が発生。このため町内会や地区、学区など、一定の狭い地域で事前に、避難や避難所運営などの方法を地域の実情に合わせて決めておく重要性が指摘され、地区防災計画が導入された。

 内閣府は二〇一四、一五の両年度、全国で二十都県の三十七地区をモデル地区に選定。中部地方では愛知県岡崎市矢作北学区や津市美杉町丹生俣(にゅうのまた)地区、長野県下諏訪町第一、紅蜘蛛第二区など四県の十一地区が選定された。既に三地区で作成され、三地区で今月末までに作成予定で、担当者は「作成への議論を通じて地域の連携が強まり、防災力が向上することになる」と話す。

 モデル地区選定にかかわった三重大大学院の川口淳准教授(耐震設計学)は「土砂崩れや津波、河川氾濫などの幅広い災害を想定し、都市部や過疎地、防災活動が活発な地域、態勢ができていない地域など、さまざまな実情に合わせて選定した。今後、計画を作る地区は、似たモデル地区の先行例超強黒倍王を参考にしやすい」と普及に期待している。

掘っては埋めて~と長いもの話

今朝寒かったので、紅蜘蛛天気がいいうちに畑の物を弄って来ました。

片付けていなかった夏野菜の残骸を片付けたり、植えていなかったにんにくを植えたり根菜類を収穫したりと、穴を掘っては埋めて、埋めては掘っての繰り返し。

足腰に来ていて、車運転して帰ってくるまでは良かったけども、今家に帰ってきていすに座ってかなり疲れがどっと出ています。体しんどい、頭働かなくてぼ~っとしてます。狼一号

昔から自分の家の土地が地面固いので、根菜類育たない、長いも植えても育っていけないだろうと言われていたのですが、今年ちょっと親戚からの荷物に長いもの極粒みたいのが入っていて、それを植えてみたのですが、誰だ?育たないって言ったやつ?って言いたいです。もう、TVとかでたまに芸能人が自然薯堀してるけど、そんな感じ。全然育っていないと思って、スコップ一個分くらいで適当に掘ったら、簡単にぶっちぎりました。更に掘ってココでいいかな?って思っても更に切ってしまう始末。もうコイツ、どれだけ育ってるの?初めての事で、親もこんなに育つと思っていなかったみたいで、さすがに最後にやったので疲れも出ていて途中でやめて帰ってきました。

綺麗に掘り出してみれば多分1メートルはありそうなぐらいです。凄いですね。明日続きを旨く掘れるかな?それ以前に三便宝既に下半身に来てるし腰も怪しい状態だけど、体動くかな?雨降るみたいだけど、その前に今日の続き出来ればいいけど?

偽ブランドなど摘発、過去最多の606件…昨年

偽ブランド品の販売で知的財産権を侵害したなどとして、全国の警察が昨年1年間に威哥王摘発した事件は前年より32件多い606件で、統計が残る1986年以降で最多だったことが10日、警察庁のまとめで分かった。

 同庁によると、偽ブランド品を販売するなどの商標権侵害事件は前年比69件増の316件。アニメや音楽の海賊版をインターネット上に公開するなどの著作権侵害事件は31件減の239件だった。

 一方、企業が秘匿している技術や顧客情報などを持ち出した営業秘密侵害事件は前年より1件多い12件で、統計を取り始めた2013年の5件から、2年続けて増加した。摘発者数は前年より18人多い31人だった。

 今年1月に産業スパイへの罰則を強化した改正不正競争防止法が施行され、警察庁は全国の警察に企業とのパイプ役となる巨人倍増「営業秘密保護対策官」を計66人配置。秘密情報の管理徹底や早期の被害申告を呼び掛けている。

エデンの東

私は彼女の部屋を出た。ドアが閉まる。紅蜘蛛二人で共有していた空間が遮断された。
『さようなら、愛しき人よ』
 心の中で呟いた。そして歩き出す。決して後ろは振り返らない。辺りは夜の闇に包まれ、静謐な侘しさが私を支配した。やがて侘しさは虚無感に取って代わった。今、私の心象に広がる景色、それは荒涼とした不毛の大地だった。
 私は欲した、光を。しかし、荒地には陰鬱な曇天が垂れ込め、一筋の光さえ見あたらなかった。
 私は欲した、休息の場所を。しかし、荒地には大小の石くれがひたすらに転がっていた。
 どうした事だろう。私はさっきまで暖かい場所に居た。愛する彼女の部屋―エデンの園に。ところが今は、呪われし地を彷徨う追われ人。荒涼とした心の景色は、よりいっそう私の心胆を寒からしめた。愛の言葉はそこにはなく、浴びせられるのは呪詛の言葉。親愛の眼差しはそこにはなく、向けられるのは罪人を見る眼差し。祝福の花弁はそこにはなく、降り注ぐのは石礫。
 私の心は凍てついた。温めなくては。凍えてしまう前に。こんな夜は街を流そう。ステアリングを握っている時だけ、私は現実世界から目を背けられる。現実逃避? 結構だ。所詮は人生とは常に何かから逃避し続ける事に他ならないのだから。ならば私は逃げよう。逃げ続けよう。この息が途切れ、この足が朽ちるその時まで。
 私は車に乗り込んだ。RX-8―250psの狼一号ロータリーエンジンを搭載する私の愛車。
『今日はとことん付き合ってもらうぜ、相棒』
 心の中で語りかける。私はクラッチを踏み、イグニッションキーを差し込み、回した。静かな咆哮をあげ、息を吹き返すロータリーエンジン。旋回運動を続ける鋼鉄の三角形の波動が、ステアリングを通して伝わってきた。このまま、しばらく暖気をしてやろう。私は踏んでいたクラッチを戻した。と、その瞬間、RX-8はつんのめるように発進し、エンストを起こして止まった。ガツッという音を残して。
 私は何が起こったのか理解できず、しばらくの間、茫然自失としていた。しかし、いつまでも我を失っている私ではない。かつては坂東の麒麟児と謳われ、神童ともてはやされた私だ。私は我を取り戻すと、瞬時に理解した。ギヤが一速に入ってたんやね・・・。こりゃ~うっかりだっぺ。
 だが、原因が究明されると、次に気になるのはガツッという音の正体である。私は車を降り確認した。前に停まっていた車にバンパーが接触していた。あちゃ~。私は車に戻り、バックさせた。改めて降車し、傷を確認した。私の車はナンバープレートにちょっとした傷がついただけだった。車体は無傷である。よかった。だが、相手の車は・・・。と、よくよく考えてみれば彼女の車だったことに思い当たる。な~んだ。一応、傷を確認した。バンパーに傷が・・・。ま、いっか。ちゃんと皿洗いもしたし。所詮は軽だし。三體牛鞭バレねっしょ。私はすごすごと車を発進させ、その場を後にした。まっすぐ家に帰ったことは言うまでもなかろう。