熊本の子に夏の思い出を 8月、泰阜の山賊キャンプ招待

泰阜村の豊かな自然を舞台に「夏の信州こども山賊キャンプ」を主催するNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターは、八月一~十二日に開く三泊四日のキャンプ三組に熊本地震で被災した熊本県の小学生十五人を招待する。
狼一号:http://www.xn--1-948av66g.net/
 山賊キャンプは、三十年以上の歴史があり、今年は七月二十二日~八月三十日に開催。村営左京キャンプ場などを会場に、全国の小中学生約千人が参加して、手づくりのキャンプをする。

 東日本大震災が発生した二〇一一年から昨年までは、福島県の子どもたちを招待してきた。熊本県から参加するのは日程順に南阿蘇村四人、御船町五人、熊本市六人で、一般参加の五十人とともに冒険キャンプを楽しむ。

 八月最初の組には、福島県の高校生がボランティアで参加し、同キャンプに招待された恩返しをするという。

蔵八宝
黒倍王
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/xiha098hei/25090