運命の鼓動

その瞬間に呼吸を麻痺させるほど、胸を締め付ける
熱気。kanpou漢方
仕事を終え会社を飛び出した僕は、それでもなお、
昼間の灼熱の太陽が残した不快な空気が淀む遊歩道を
走り抜け地下鉄に飛び乗った。

「今、地下鉄に乗ったよ…あと15分 」
「うん、待ってるから気をつけて!」

乱れる鼓動を感じながら、既に着いているであろう
久美にメールした。

鼓動が乱れているのは不快な熱気のせいか、走った
せいか…

いや、そんな夏のせいじゃない…男露888
僕は分かっている。

あの時、僕の前から突然去って行った久美に、今夜
再会するからだ。

20年振り…

「待合せても、きっと私のこと分からないわよ…
すっかりオバさんになっちゃったから…(笑) 」

再会に高まる僕の期待感を察した久美の先制攻撃は、失意のどん底を彷徨っていたあの時の僕には到底
信じ難い…

あの久美が、僕にそんなことを言う時が来るなんて…

あれから20年…
久美を失った心の傷はとうの昔に癒えている。
いや、傷を負ったことすら遥か記憶の彼方…

それはそうだ。魔鬼天使Muira.PuamaII
もうお互い、既婚の中高年…
二人はそれぞれの道を歩んで来た。

週末の夜…
待合せ場所の繁華街は、一週間を終えて息を吹き返した社会人たちで賑わっている。

待合せ場所、誤ったか…!?

そう思って人混みを見渡す僕の視線の先には、不安気な表情で一人佇む女性………久美!?

「久美…!! 」超級猛男健力カプセル販売

声を掛け、走り寄る僕に

「ヒロ…!? 」

20年振りに呼び掛ける名前に気恥ずかしさはまるで
なかった。
そして僕は、鞄を持たない右腕で思わず久美を抱き
寄せた…

「久しぶり~!! でも、よく分かったわね!? 」
「だから、一目で分かるって言ったろ!? 」

二人はとうとう20年振りの再会を果たした…

予約した日本料理屋まで、二人で歩く道すがら
今現実となった20年振りの再会をまだ実感出来ない
僕の胸は、また鼓動が高鳴った。巨根カプセル

やっぱり夏のせいじゃない…
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/xiha098hei/26860