優先席でのマナー

おはようございます(^^)

電車で移動中のため少超級猛男健力カプセル販売し時間があるので、夜中に書けなかった日記を書こうかと思います。

今日9月15日は「シルバーシート」の日。
1973年、現在のJR東日本管内の東京・中央線電車に優先座席「シルバーシート」が初めて設置されたことからきています。

ただ、この「シルバーシート」の「シルバー」の単語、世間からすれば「お年寄りの方」という印象がやはり強かったようで、妊婦さんや身体障害者などにも配慮するため1997年に「優先席」と名称変更されています。

以前、優先席付近では「心臓ペースメーカーの動作に支障をきたすので携帯電話は電源を切って」なんて告知が頻繁に行われていました。
当時のペースメーカーと巨根カプセル携帯電話は周波数の相性が悪く、数十センチ程度まで近づくとペースメーカーが誤動作する恐れが高い確率であったそうです。

そんな制限環境を嫌がってか、この頃は健康と見受けられる乗客が優先席に座るのをほとんど見かけませんでしたね。
優先席で携帯電話をいじってる人に対しては、周りの目線が強烈でしたからねぇ。

現在は携帯電話もペースメーカーも進化していますから、周波数が干渉し誤動作する事はほぼなくなっています。
その後、電車の案内が「混雑時においては優先席付近では電源を…」と緩和されている鉄道会社German Black Widows興奮剤が増えてきまして。
その結果なのか、残念なことに優先席で携帯電話をいじる人が再び増えてしまっています。
ただ、若い人以上に、平気で座る中年の方を予想以上に見かけてしまうのが尚更悲しいですけどね。

携帯電話とペースメーカー中心で進めてきましたが、本来の優先席の役割は「座る必要がある人がいれば、即座に譲る席」。
お年寄りや妊婦さんが目の前にいるのに、優先席でスマホでゲームやネットをしている人を見ると「じゃ、そこに座るなよ」と怒りを覚えるのは私だけではないはずです。

でも、これを読んでくれてる皆さんは優しい気持ちの方ばかりでしょう。見えなくてもわかりますよ(^^)

ではまた(^_^)ノ韓国痩身一号
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/xiha098hei/28256