フォトコンって楽しいんですけど。

フォトコンテスト、それは人間の嫉妬と憎悪が渦巻く場所。

でもないですね。

確かに私の知り合いも渦に巻き込まれ
退会した方がいます。なので決して
軽々しく書いているつもりはありませんが、
それら全部をひっくるめても、やっぱり、

“フォトコンは楽しいんですけど。"と、あえて言いたい。

私が投票者としてフォトコンの楽しみ方を見つけたのは先月、知り合いの女性が
コッソリとひっそりとフォトコンに参加しているのを見つけてからだ。
互いの行動パターンは熟知しているので、そろそろと思っていたら、やっぱりいた!

フォトコンに投票したことのある方ならお分かりだろうが、投票の際にコメントが書けるようになっている。
このコメント、日記のコメ欄とは違い、完全に一方通行である。

これは中々いい仕組みだ。何を書いても彼女は言い返せないのである。
私のちょっとしたSの部分が疼く。
ここは普段出来ない褒め殺し作戦を決行するしかない。
本人が恥ずかしぐらい褒めちぎってやろうと、数回投票を繰り返した頃、ふと気がつく。

ひっそりエントリーしているので、投票は少ないのだが、私を含め毎日、同じ人が数人いるのである。

馴染みの喫茶店にいつもいる常連さんだ。
残念ながら無口な常連さんだったので、
お近づきになる前にフォトコンが終了してしまったのだが、先月の反省を含め、今月は頑張ってみた。

甲斐あって、とてもステキな友達が出来きた。
フォトコンで。とても嬉しいことだ。

楽しみ方は人それぞれ、充てられたものをどのように使うかも人それぞれ。
どうせなら、楽しめるように工夫して利用したいものだ。人間は考える葦なのだから。

最後に、私の中に芽生えたSの部分はオヤジーズメンバーがエントリーしていて、そこで存分に発散したので、ご心配なく。
King Wolf狼王戦宝
D10媚薬
巨根カプセル