はなかなかしんどい

「グロリムを監視しなくちゃならないと言ってたわ。わたしたちを助けて下さるわね?」
「セ?ネドラ、わしはおまえさんたちから千リーグ以上離れた場所におるのだ。ガリオンとシルクとわしは今マロリーにいる――文字どおりトラクの敷居をまたいだところなのだ。もしわしがここでおまえさんたちを助けたりしたら、トラクが目覚めてしまうだろう。ガリオンにはまだその用意ができてはいないのだ」
「それじゃ、わたしたちみんな死ぬんだわ」セ?ネドラは泣き出した。
「泣いたりするでない」老人は叱りつけるように言った。「ヒステリーを起こしている場合ではないぞ。早くポルガラの目を覚まさせてやらにゃならん」
「わたしたちもそうしようとしたのよ――でもベルディンが休ませておかなければならないと言うんですもの」
「休むことならあとでもできる」ベルガラスは言い返した。「そこにポルガラがいつも持ち歩いている袋があるか? あのこが薬草を入れている袋だが」

「ええ、あると思うわ。ダーニクが担いでいるのを、少し前に見たわ」
「ダーニクもいっしょなのか? そいつはよかった。ならばこれからわしの言うことをよく聞いてくれ。まず袋を開くのだ。必要なものは絹製の小袋に入っておる。他の壺やびんを開けてはならん。あいつはいつもそういったものに毒を入れておるからな。絹製の小袋のなかに黄色い粉末が入っているやつがある。ひどく鼻につんとくる臭いがするはずだ。鉢で水をわかし、その中に粉末をさじに一杯分入れるのだ。それをポルガラの頭のすぐそばに置き、彼女の顔をマントで覆って、その香りを吸い込むようにすればよい」
「いったい何の効果があるの」
「ポルガラの目を覚まさせるのさ」
「本当に大丈夫でしょうね」
「いちいち逆らうんじゃない。彼女は必ず目覚めるから、わしを信用しろ。この香りは枯れ木だってよみがえらすのだ。ポルガラが目覚めれば、あとはあのこが何とかするだろう」
 セ?ネドラは口ごもった。「ガリオンしら」やっとの思いでそう言った。
「やっこさんは今熟睡しているよ。昨晩目に会ったものでな」
「それじゃ、かれが起きたら、わたしが愛しているっていうことを伝えて下さらない」セ?ネドラは急きこんだ口調で言った。まるでちゃんと考えていたら、言えなくなってしまうとでもいうように。
「いまさらやつを混乱させてどうするのだ?」老人は言った。
「ひどいわ、ベルガラス!」セ?ネドラはショックを受けたような声を出した。
「冗談さ。むろんやつに伝えるとも。さあ、やるべきことを始めるがいい。それから、もう二度とこんなことをするんじゃないぞ。これからトラクのもとに忍び寄ろうというのに、何千リーグも離れたかなたからわめきたてられたんじゃ、仕事にならんからな」
「わめいてなんかいないわ」

ということになってい

「では、そっちはおれたちが押さえる」アラスがスパーホークに言った。
「アダスはおれに任せるって言ったのを忘れるなよ」カルテンが念を押す。
「できるだけ取っておくようにするよ」
 一行は断固とした足取りで、松明に照らされた戸口へ向かった。扉の前でしばらく様子をうかがい、一気に突入する。アラスとティニアンは正面扉に駆け寄った。騎士たちが玉座の間に飛びこむと、驚きと警戒の声が上がった。オサの衛兵たちは混乱して口々に勝手な指示を叫んだが、一人の将校が他を圧する大声でおさまりをつけた。「皇帝を守れ!」
 鎧を着けて壁ぎわに並んでいた衛兵たちが、ドアの前の仲間を置き去りにして玉座に駆けつけ、槍を構えてオサを守った。カルテンとベヴィエは調理場に通じるドアの前の衛兵二人を無造作に斬り捨て、正面扉に駆け寄ったアラスとティニアンは、懸命に扉を開けて応援を呼ぼうとしていた衛兵をそれぞれ一撃で打ち倒した。アラスが巨大な背中を扉に押しつけて開かないようにしているあいだ、ティニアンは近くのカーテンの陰を探って、閂になるようなものを探した。
 ベリットはスパーホークの横を駆け抜けて部屋に飛びこみ、まだ弱々しく動いている衛兵を飛び越え、斧を構えて部屋の奥のドアに向かった。甲冑を着けていても鹿のように俊敏な修練士は、玉座の間の磨き上げられた床を蹴って、オサの寝室に通じるドアを守る二人の衛兵に襲いかかった。繰り出される槍を受け流し、斧を振るって二人をそれぞれ一撃で仕留める。
 スパーホークの背後から硬い金属音が聞こえた。見るとカルテンが重い鉄の棒を扉にかませるところだった。
 アラスが押さえている扉の向こうからは、しきりに何かのぶつかる音がしている。ティニアンも鉄の棒を見つけて、それを把手《とって》にかませた。ベリットもドアを封鎖していた。
「いい手際でした。でもまだオサを捕まえてませんよ」クリクが言った。
 スパーホークは玉座を囲む槍の列を見て、さらにオサその人に目を向けた。タレンが言っていたとおり、過去五世紀にわたって西方諸国の恐怖の的だった人物は、どこにでもいるナメクジのようだった。肌は病的に青白く、髪の毛は一本もない。顔は水脹《みずぶく》れしていて、べっとりと汗をかいているために、まるで粘液にでも覆われているようだ。腹は大きく膨れ上がって前に迫《せ》り出し、そのために腕がまるで萎《しぼ》んでしまっているように見えた。信じられないほど不潔だが、脂じみた手には高価な指輪がいくつも光っている。まるで何かに投げつけられでもしたかのように、オサは玉座に、なかば寝そべるように腰をおろしていた。目はどろんと濁り、四肢や身体は規則的に痙攣《けいれん》している。呪文を破られた衝撃から回復していないのは明らかだった。
 スパーホークは深呼吸をして気持ちを落ち着かせ、あたりを見まわした。部屋そのものは莫大な金銭を費やして飾りたてられていた。壁には金箔《きんぱく》が押され、柱は真珠母で覆われている。床は磨き上げた黒|瑪瑙《めのう》で、ドアの脇のカーテンは血のように赤いビロード製だ。壁には一定間隔で松明が取りつけられ、玉座の左右には大きな鉄の炉がしつらえられていた。
 そして最後に、スパーホークはマーテルに目をやった。
「やあ、スパーホーク」白髪の戦士が気取った調子で挨拶した。「立ち寄ってくれて嬉しいよ。みんな待っていたんだ」
 その口調はいかにも何気なさそうなものだったが、そこにごくかすかな苛立ちが感じられた。こんなに早くやってくるとは思っていなかったし、いきなり突入してきたことも予想外だったのだろう。マーテルはアニアス、アリッサ、リチアスの三人といっしょに安全な槍の輪の中に立ち、アダスは蹴りと悪罵《あくば》で衛兵たちをけしかけていた。
「近くまで来たものでね」スパーホークは肩をすくめた。「どうしてた。少し旅にやつれたみたいだな。きびしい旅だったのか」
「耐えられないほどじゃなかった」マーテルはセフレーニアのほうに顔を向けた。「小さき母上」その声には前と同じ、どこか悔やむような響きがあった。
 セフレーニアはため息をついて、何も答えない。スパーホークが先を続けた。
「これでどうやら役者がそろったようだな。何度か再会の機会があったのは、本当によかった。おかげでいろいろと記憶を新たにできたよ」そう言ってアニアスに目を向ける。司教がマーテルに従属する立場であることは、もはや明らかだった。「カレロスに留まるべきでしたな、猊下。選挙戦のいちばんいいところを見逃しましたよ。聖議会は、何とドルマントを総大司教の座につけることにしたんです」
 シミュラの司教の顔がいきなり激しい苦悶に歪んだ。「ドルマントだと」と、息を詰まらせたような、打ちのめされた声が響いた。あとになってスパーホークは、アニアス司教への復讐はこの時点で完全に成し遂げられたのだと考えるようになった。今の一言が仇敵に与えた苦悩の激しさは、スパーホークには絶対に理解できないものだった。この瞬間、シミュラの司教の生涯は崩壊し、灰となってしまったのだ。
 スパーホークは容赦しなかった。
「驚いたろう。まさに誰もが考えもしなかった人選だ。カレロスでは多くの人々が、神ご自身の介入があったのだと信じてる。わが妻であるエレニアの女王が――ああ、覚えているかね? 金髪の、なかなか美しい女性だ。あなたが毒を盛った――あの女王が、まさに大司教たちが思い悩んでいるその時に演説をしてね。実際には、ドルマントを示唆したのは女王だったんだ。驚くほど弁の立つ女性だよ。もっとも、一般に信じられているところでは、その演説は霊感に打たれてなされたものだる。何しろドルマントは、全会一致で選出されたのだからね」
「そんなことがあるはずはない! 嘘をついているんだろう、スパーホーク!」
「自分で調べてみればいいだろう。カレロスに戻れば、きっと議事録を調べる時間はたっぷりあるはずだ。誰がおまえを裁判にかけて処刑するかという点で、大論争が巻き起こるのは目に見えているからな。何しろゼモック国境から西では、おまえはありとあらゆる人間をことごとく敵に回しているんだ。しかも全員が全員、何らかの理由でおまえを殺したがってる」

ィーとして楽しむこ

このまま両国の方へ歩いていくか、それとも隅田川テラスを川沿いにずっと歩いて浅草の方へ行くかと考えているうち、雨がポツポツ降ってきた。
 どっちに行こうもなにも、体力不足だし、靴もウォーキングには向かないものだし、長く歩くと疲れるだろうなーと思っ耳鳴治療ていたら雨が降ってきたので、わーいラッキー、帰ろう帰ろうとあっさり決定。何年か前なら傘を差してでも歩いただろうなあ……。

 戻ってきた浅草橋の上から柳橋を見る。

 雨、やんできたけど駅に向かう。


ホップ(セイヨウカラハナソウ)が能恩咲いた。
 毬花(きゅうか)と呼ぶらしい。

 ホップには雄の株と雌の株があり、どちらもそれぞれ花を咲かすそうだけど、これは雌の花。ビールの原料になるのはこの雌の毬花だそうだ。(画像検索で調べたら、雄の株に咲くのはもっと小さくて地味な花だった)

 以前はグリーンカーテンのひとつとして植えていたのだけど、その時は花がひとつも咲かず、三年目くらいに枯らSCOTT 咖啡機開箱してしまった。
 今年のはふつうに、植えていた。(夫が)
 支柱もあまり高くしなかったせいか、上の方だけもこもこ状態。
 毬花は、乾燥させてハーブテともできるらしい。(ハーブティー苦手だからしないけど)
 生のままなら、天ぷらにすると美味しいというので、食べてみようかとは思っている。たぶん、そうとう苦いんでしょうね。

 晴れたとたんにセミが鳴いていた。
 あの長い雨の中、どこでどう過ごしていたんだろう。

意外にもなったの美しい青石板

私は私に前クラスのあれらの思い出を学ばせたいと思ったことがあり私の魂中から剥いで行くことが以前あって、再び一塊の塊のいく皇室纖形 電話つかの色が混ざり合っていた岩内に放置します。それがすきまなくびっしりである人影総会は動き出そうとして、それが悪いことはまたはよい思い出は弱齢にいるときに時は西風を剃ってすぐ早くからすでに変わった1000のできものの100の穴を経験する。たとえ悠久の石にそれの影を依然として装い下げることができなくても、それはいつ天上で飛び立っていてかつ落ちる下りた紙飛行機を知らなくて、月上面に飛んだようで、勾は石内のその1回の濃い懐かしさを起こした。さえになって1はしとしと目にしてはらはらした亀は裂ける。桜が満開の日内に、蕾はまた著あちらに対することができて裂けて放されることですか?眼を変えて、食事が何回かを冷やしたとわからなくて、今、私はこちらに来て!

忘れることができなくて、いつもその前クラスの時の私を学ぶ折れる紙飛行機は、飛んでなあ飛んで、飛ぶことができたことは天上で行って、幼い頃であることへ折り返して私はキャン皇室纖形 旺角パスから出した時のその1回は内気です。あのときである私たちは、若くて、芝生に眠って、風の心のばらばらな音声、1個の纏足のふたまたの朝天、折を体験して紙飛行機を著して、あの1の両角お金のノートの上がった紙を裂き下げて、すぐ私当時の世にたぐいのないことの神作になる、とても単純なものはそれがとても高いとても高い天上に飛んで行くことができると考えて、比べて本当に飛行機はまだ高くて、あれが、当時、小さい夢はずっと私の幼心内に存在して、それは私の夢の飛んだものにそんなに高くて、上面は私を記載していて、世界がすぐ私の足の下にあって、清風は吹いていて、竜巻での力量は私に加速して、太陽は照っていて、無限の光で私のために前の霧を照らす。ときとして台頭ができて一目見て、奧特にマンのすぐ私の上部で私に給油するマイル!ただ惜しくて、その幼心はどこに飛んでマイルへ行ったとわからなくて、もしかしたら、すぐ私の足の下に以前ハンカチ落しの青石板内で遊んだことがあるでしょう。

私の紙飛行機に私から小さい手上に脱し優纖美容て、幼心は同様にゆっくり私からしだいに大きさを変えて、長い手の平の心の中を変えて飛んで出て、もしかしたら、自分を探索しに行く決着であり行ったでしょう。ただ次の15分がまた私の紙飛行機のように飛んで戻ると了知しないですか。それは私に多くの美しいものまたは美しくない思い出を与えたことがあって、すぐ私の手中の紙飛行機のようで、いつも私に、落ちた時、知らず知らずに私に歓楽を与えました。

くて仕方ないのに

あ、ちなみに、
林真理子が、エッセーには嘘が詰まっていると、言っているらしい。
書いているのは、ありのままなど太古數學補習班ではなく、理想とか、なんだそうだ。
その点、小説には本性、人間性が出るんだとか。

だから、わたしは、小説を頓挫し、エッセイは続いているんだなあ???と、実感した。
恥だけでなく、嘘をいっぱいMathConcept價錢詰め込んで、残り3分の1、走ります、飛びます、歩きます、逃げます、寝ます。2013-06-11 | 日々のこと

今日は人のブログを読んだり、メールしたり、で、自分のブログを書く時間が完全になくなった。

で、どうしたかというと???
電車の中で草稿。ガタン、ゴトン。
パカッと折りたたみの如新nuskin產品ケータイで、ちまちま。
さて、アップするか、どうか?

今朝、送ったメールは、2件とも熱の入っているもの。
いい加減に書けない。
で、それらに時間がかかってしまった。

そのうちの一件は、社交ダンス系。
もう一件は、重要項目みっちり系。

重要なほうのメールに時間を取られ、ブログ更新などとんでもなく、あたふたと家を出た。

で、パソコンの電源もさることながら、ログアウトもせず、そのまま。
ログアウトしてないってことは、サイフの口を開けたまんま、お店のテーブルにサイフを置き忘れてくるようなもの。
たとえ自宅であっても、個人情報、じゃじゃ漏れのリスクあり。


?????と、上記まで入力したが、わたしが、コト切れた。
いつものごとく、電車内での爆睡。
気が付けば、降りる駅、ひとつ前。

ということで、アップならず。
更新は、帰宅して、ケータイから送信していたテキストをコピーし、新規記事にべたっと貼り付けた。
で、ああ、こんなに夜になってしまった。

意味がない。
こんなブログの更新。
失礼いたしました。

でも、重要なメールのほうは、しっかり充実した内容だったので、具体的な取り組みに一歩前進。
たいへん結構なことであります。ぐらぐらぐらと、ゆれている。

あれこれ、あれこれ考えると、方向がぴしりと決まらない。

ぬるく、中途半端に、うろついている。

こういう時は、なにも書けない。

滑り出す前、コトが動く前、夜明け前。

にゅるっとしたものが、だんだんカタチが出てきて、締まってきて、きゅっとシェイプして、
はっきりとした姿があらわれる。
それまでの、時間待ち。

カタチ、大きさ、色、重さ、質感、???うすぼんやりしていて、わからないけれど、
むこうのほうに、うっすら見えている。
それは、人物ではない。
モノゴト、行動、方向性だ。
これからの行き先だ。

どんなかんじ?

きっと悪いようにはならないだろう。息子の夢を見た。

彼が、小学校低学年。
もう、うんとうんと前の、記憶にないぐらい前のこと。
舞台は、現在の住所、建て替える前の家。

あまり社交的とは言えない彼だが、小学校の友人たちが家に遊びに来た。
彼らは、わいわい元気に遊んでいた。
息子は、宿題かなにか、やらなければならないことを抱え、彼らと遊びたいのを必死で我慢して、それをやっていた。
あと少しで終わりそうだが、なかなか終わらない。
友人たちは、目の前で、わーわー楽しそうに遊んでいる。
その輪に入りたくて入りた、苦しそうな顔をしながら、やらなければならないことをやろうとする息子。
一緒に遊びたいのを耐えて頑張って、もう少しで終わるかも???というあたりで、
友人たちは、帰ってしまった。
寂しそうな息子???。
なんとも言えない顔。
Calendar
«  December 2019  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others