ではや烟雨の

春の到来、タバコを吸う場合、真っ先に感じさせるのそれじゃない緑、一筋の春風だった。は私にとって、一番はずっと私の感じではそのすべてです。

雨が好きであれ、陰惨で润物春雨が静かな、夏雨意気盛ん急骤;それとも秋雨qingleng、寂しくしばれる、冷たい雨がひどく、アイス寒骨身を削る。私にとっては、それがすべて1种駐在の匂いがした。

は私は寝る前に闻いてば雨、その気持ちは筆舌だったのです。闻雨滴が窓、葉を気にして、音が「はげしく庭木盤」の声だ。その静けさに、暖かい心を穏やか、一种のは独特な味わい、闻こえて雨、眠りに入って、私としては楽し

みである。

私は更にひとりの人が好きで、傘をささ雨では傘をささが非常に低く、がそばを通るの人の足跡は雨の中から姿を消し、闻こえて雨は消えてなくなって土のなかに心の中のあのできなかったのは、置いた跡があった。闻こえて雨の

音、ひとりひとり音符は傘で踊って、心の中に浸透した、静かでほっとする。

この雨も少なくないことができるだろう」と、声を闻こえることもできるし、それを見た足跡だった。烟雨で濡れた空気の一部からは、あいまいなもあるようで、静谧。想像できる雨上がりの空を多数執筆澄みきって、空気はなん

と清新です;それを想定したばかりの芽をひっぱりだして頭を経てこの雨の洗礼を受けた後、その青翠欲滴の誘惑に陥った。

私たちと言わざるを得ない江南(カンナム)や烟雨の组み合わせが、それではを完璧にして、中は路地のぼんやり、油纸伞の渋い色、江南(カンナム)の町の架かって水が流れ落ちている。ではないが、皇居の援助は一つの人生に似て

いた状態だった。

雨は常に」はみんなメ连ほのかなしこり、一种の恋しい思い、一種の感伤的になります。は私にとっては、雨の意味がたくさんあります。生まれは雨の夜、成長は雨の中、雨の中を配布した。自分の情熱や热血だった。同じように

、あの1段の果ての立ち去るも望んで、雨の中だった。
Calendar
«  May 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others