もどんなちろ

人と人との出会い、いつか一分の牽引され、中に入ってこそいないが、何の理由もなく無差別に知り合って、出会いでもなかったし、何の理由もなく無差別に苦しみ、あるいは别だ。すべ暑期奧數てを大切にして出会ったすばらしくて、お互いのいっしょにいたすべての时、私达はいつは、人生の次の交差点になりました。

私の头を下げて、文の中を歩いて、僕らはよろめく,もう见知らない先の道は、私は马鹿を眺めていたが、頬のように色の文字には疲れたで、私の纸の上に流出泪滴無数の粒で赤く染まったすべての私の青々と梦を见る。一つの理由が见つからなくて、自分におめでと投資入門うございます、も見あたらない一つの理由を添えていない自分にならざるをえない。あなたはやはりでもは消えてなくなって多くの年前、その中はぼんやりした路地、その路地が記載され、私达の最も美しいロマンチックな愛、それごとに1つの青石板で爱の足跡が戯れ、知ってる?その路地、どんなに愛されを残した私たちのような感じかな?今日では、私は独りでしか残っておらず、隠れて风に泣いていた。

いくつの夜、私はあなたを枕さがあって、谁が心の、私(わたし)にはそう言って、私は彼の枕もとに一生をしのんだ。今、あなたの立ち去った数年後、私が再びを思い出し、その言葉はもちろんのこと、あなたのあの壮大な表情をして、ついつい瞳が埋まっ醫療用品涙を流した。私の孤独なつぶらな夜空、お月さまも孤独な僕を見ていた月が教えてやろうと思って、私は本当にあなたへの懐かしさがコントロールできない。今、あなたの言叶があって、またくぐってやみ夜の云を横断は僕の耳には、心臓の中にいます。谁が言った、私は彼が心底のぬくもりは生涯のではありませんて、あなたに聞いてみたいかどうかの枕もとが残っているが、私の名前ですか?