なんぞーヒーブレ

お金持ち「ラ?ビ?アン?ローズもそんな感じなの?」
運転手「そのままの意味でいいと思いますよ。バラ色の人生。私のはラ?ビ?アン?グリ、灰色の人生(冗談です)」

同乗者「げらげらげら」

同乗者「運転手さん、一緒に写真撮りましょう」

運転手「バラ色と灰色、混ざっちゃうからご遠慮しときますよ。セ?ラ?ビですね」

などと、この運転手は言っておるが、こやつもお金持ちに負けないぐらいラ?ビ?アン?ローズなのだ。もしかすると、こやつの方が、勝っているような気配まで感じる。以前書いた坂田明の名言を再度記しておこう。

「勝負とは勝ち負けではない」フリージャズメンの名言は奥が深いのである。私は、哄笑ではあるけれど、高尚な人間ではない。でもね、物欲が昔からない。そうなると金銭欲もない。でね、チャンジーになったから食欲も、あんま、ない。でね、チャンジーになったから、お陰様で、性欲も、あんま、ない、から、征服欲もない。そっ、女に翻弄される、なぁーーーんていう、馬鹿オスではない。おっ、そういう意味では、そうとうに高尚だね、お若いの。性欲性欲っ! これから解放されないと、「自由」にはなれんのだっ! ふふふっ。と、ぶっちゃけよ、悟りの境地なのだね。これ、本当だよ。はったりじゃねぇー。

ところで、どうしてこうなったのか? まあ、元々、そういう「体質」なんだろうけれど、それを増長する要素があった。

そう、何度か書いた。私は常磐炭田全盛期のいわき市で幼少期から高校までを過ごした。過ごした地区は、かなり貧しい地区である。正確には、貧しい地区の高台で育った。そう、貧しい地区の相対的な金持ちの息子だった。だから、バイエルなんかを持っていたのだし、ピアノを齧ったのである。そう、すでに、私は「勝ち組の子供として育った」のだろう。そして、だ。「勝ち」ってなんなの? と、十二歳の頃からずっと思っていた。貧しい地区の、なんとも言えない、セ?ラ?ビ感に惹かれた。物凄くタフで人間的で悲しくて、でも、凄く優しくて???、ポジティブじゃないと生きて行けないのだ。私には羨ましい光景だった。ひ弱な神経質なぼんぼんには。

私が敬愛する人物に、どうしてなのか「金持ち」が一人もいない。良くて「普通」である。どちらかと言うと「やや、貧しい」「かなり、貧しい」、こちらの方が多い。たとえば???。

バン?ゴッホ ヘンリ?ミラー 金子光晴 田村隆一 マルセル?デュシャン 深沢七郎 富岡多恵子 吉岡実

金子光晴が、息子にステーキを食わせて、自分は一番安いカレーライスを食べていた。そして、晩年は、「スケベ爺」としてブレイクした。そして、そんなテレビ的ブレイク???、「宇満子」と、女のあそこを、金子さんは書いた。そんな人にテレビ的ブレイクイクに過ぎないことは、金子さんが亡くなった時に、世間は気付いた。

金があってもなくても構わない。我々は、本質を問われている。折角、理知的人間として生まれたのだから。

意識してホスピ

スパゲッティを自分でよそうと、高梨は猛烈な勢いで食べ始めた。ときおりワインで水気を補給しながら、強引に口の中に押し込む。
 早苗は、その様子を戸惑いながら唖然《あぜん》と眺めていた。終始上機嫌なところを見ると、ストレスから過食気味になっているわけでもなさそうだが。
 帰国してから二週間もたたないというのに、高梨の体型は早くも服の上からでもわかるくらい崩れ始めている。こけ潔膚乳て見えるくらい引き締まっていた頬も、心なしか、ぽっちゃりしてきたようだ。
「せっかく、理想的なダイエットができてたのに……」
「え? なんか言った?」
「なんでもないわ。料理がお気に召したのは嬉《うれ》しいけど、もう少し、会話を楽しまない?」
「うん。そうだね。じゃあ、さっきは僕がアマゾンの話をしたから、今度は君の話を聞きたいね」
「私の話?」
「そう。最近の、病院での出来事とか」
 早苗は、驚いた。これまで、高梨は、スの話題悉尼旅行團は避けていたからだ。
「……あんまり、面白いことはないわ」
「別に、面白くなくてもいいんだよ。君は特に、終末期医療という仕事に携わっているんだし。仕事の上で、辛《つら》いこととか、たいへんなことがあるんじゃない?」
 高梨は、またボウルからスパゲッティをたっぷりと皿に移した。ひどい胃拡張になっているのではないかと、早苗は心配になった。
「それはまあ、ね。でも、けっこう深香港BBA刻な話ばっかりだから」
「いいよ。聞きたいね」

エラとカマと内臓を

猫を見ると可愛くて写真を撮りたくなる。

 先日も散歩の途中でDiamond水機猫を見つけた。が、近づこうとしたら、立派なカメラを持った若者に先を越されてしまった。
 猫は、しゃがんでカメラを構えた若者の前で、お腹を出してごろんと転がった。途端に青年の全身がふにゃーっと緩んだように見えた。カメラは膝に抱え、猫のお腹に手を伸ばして撫で始める。

 いいなあと思いながらそこで待っているのもなんなので、ぐるりと反対側に回って、猫がいた階段Diamond水機の上から近づいてみることにした。時間をかけたせいか、もう青年はいなくなっている。よしよしとカメラを向けたら、
 気づいた猫がのしのしと階段を登って来た。
 
 わ、わ、わ。
 ちょっと怯んでしまうわたしの横を、猫はゆっくりゆっくり過ぎる。そしてすぐに、

 ごろにゃんと転がった。
 気持ちよさそうだ。
 そら、撫でなさいよと言われている気がした。

 ほら、アンタもモフモフしたいんでしょ? 好きでしょ?
 知ってんのよ、アタシ。

 でも、
 だから、
 わたしは離れたDiamond waterままで写真だけ撮る。
 しばし静止の図。
 にゃんにゃの、撮るだけなの?
 フン。つまらないヒト。

 ふん。

 昨日書いたクローバーの写真を撮った。

 大きな鉢に植え替えて、ぽっかり緑の島だ。


-----
 南蛮漬けを作るために、30尾近くの小アジを下処理した。
 1パックに30も入っていると思わなかった。

 ぜいごを削ぎ、ヒレを抜き、取って洗って拭いてを30回。
 
 お魚の夢を見そうだ。
 いや、お魚の夢が見たいな。

 ああ、見たい見たい。

 見たい夢は見れないんだから。

自慢する事が

落語に登場する江戸っ子の自慢と言えば、
銭湯で熱い湯に入る事、
蕎麦を食べる時に、つゆを少ししかつけない事などがある。

年寄りが数人集まると、ことも中文補習あろうか「モノ忘れ」を自慢したりする。
そんなものを自慢するなと言いたいところだが、
大きなモノ忘れほど自慢のネタになったりするようだ。

忘れっぽい症状を言い表す言葉として健忘(けんぼう) 症という言葉がある。
いわゆる「モノ忘れ」から、すべてを忘れ紅酒批發てしまう「記憶喪失」に至るまで、
幅広い意味で使われる。
この「健」の文字は「非常に」や「はなはだ」を意味する言葉。
その内容は、「一部健忘」という症状から
全てを完全に忘れ去ってしまう「全健忘」の状態まで様々な症状がある。

ここ数年、「記憶喪失」で世界の話題を呼んだ人に、
「森で生活していたというドイツ語を話す青年」。
「突如イギリスの海辺にあら車保NCBわれた『ピアノ・マン』」
そして、このたびは、
スウェーデン語しか話せないアメリカ人が話題となっている。

アメリカの退役軍人の身分証を持っているが記憶がない。
記録によると、日本にも10年ほど住んでいたらしいが、
まるで記憶がないようだ。

上記二人は、マユツバらしいという結論になったが、
「この結末やいかに?」というところだろう。

忘れると言えば、
先ごろのニュースに、
菅元首相が、2年前の原発事故のときの自らの行動を
根拠のない中傷だと言って
安倍首相を提訴すると出ていた。
この元首相こそ、「はなはだ」忘れっぽい症状が出ているようだ。

どれぐらいの人が付

過去の栄光を話す人は、寂しい人だ。
誰もが行けないような場所に行っていた。
有名人を知って鑽石能量水いる。
一般人ではできないことをしていた。
高い能力があり、高額を稼いでいた。
美しかった。異性にとてもモテた。
一見さんお断り店の優良顧客である。
高級車に、乗っていた。
贅沢三昧をした。

現在もハイレベルを維持している人は、成金でもない限り、滅多と口にしない。
本人が口にしなくても、回りが先に知ってしまう。
自分でわざわざ言って、回りが、「ほほーっ、すごいですね!」
と誉められても、本当に褒めていない場合もあるから、真に受けていると、とんだマヌケ鑽石能量水になる。
そういった類のことは、話の展開上や、回りが話題をふってきて、求められたら話せばいいと思う。
もちろん、相手によっては、話したくなければ、話す必要もない。

自慢話をするのは好きでも、聞くのが好きな人は、いないと思う。
例え、今が頂点であろうが、リタイア組であろうが、自慢ととられるような話をするのは、
品位を下げる。
過去に高い地位にあった人や、素晴らしい功績を残したり、大きなプロジェクトに参画した人などは、
わざわざ自分からペラペラ自慢する人をあまり見たことがない。
自慢ではなく、後学のため、専門分野を教えてくれる、手ほどきをしてくれる、お勉強鑽石能量水会なら、大歓迎だ。

自分がこつこつ努力して得た地位、お金、特権であれば、そんなに、むやみに乱用しないのでは?
(しかし、人間は、「免疫のない快楽」に狂うということもあるようだが)
たいして、努力もせずに、転がり込んできたものに対しては、
さして心を痛めずに、じゃんじゃん浪費する。
しかも、それを自慢するというのは、恥の上塗り。
「お金持ちですね~」「さすが、えぇしの子ですね~」と持ち上げるのは、
発言に責任ない、その場限りの太鼓持ちの人々。
こき下ろしたり、不快感を示したり、見下げたり、そんなことをする人はいない。
言葉にしない裏面がある。
それが処世術。

小粒の人間や、失った栄光にしがみつく人が、自慢話という形で、自分を誇示したいのだろうが、
哀しい人々だ。
器の小ささが、なせる業だ。

考え方や、価値観は、人それぞれ。
お金や特権がなくなったあと、いてきてくれるかで、
その人の本当の価値がわかる。
ちやほやされて大盤振る舞いの、単なるお人よしも、自業自得。
何もなくなった時に、本当の自分がわかる。

コントラストが

いえいえ、趣味は人生をバラ色に彩る大事な大事な要素である。
わたしの趣味を、ひいては人生を多彩に盛り上美麗華導遊げるために、皆様に(ボランティアで)お手伝いしてもらっているのである。


趣味の世界って、いいなあ。
つくづく、そう思うのであります。


たしの、この、超つまらん、蝶ブログ。
非常に非常に非常に近しいお方美麗華投訴たち(リアル社会)が、とても微に入り細に入り、ご覧頂いていることがわかり、
非常に非常に非常に、複雑な心境になっている。

わたしが関わりを持つ、コアな人たち。

いつも、なにも言ってないし、報告も、電話も、おしゃべりもしてなくて、
近況もまったく伝えていな美麗華領隊いのに・・・
じつに、じつに、じつに、よく、わたしの身辺事情をよおくご存知である。
その超近しいお方のうちの一人が、さらに、もっともっと近しいお方に、
「スローさん、こんなことらしいですよ」と、知らせていだたいているようで、
わたしは、いやはや、いやはや・・・。
コア・メンバーに、隠密行動や機密情報を握られている。

誰に聞かれたわけでも、問い詰められたわけでもなく、
自分で自分のことを自主的に綴っているわけだから、
まあ、なんとも言いようがない。

電話で夜通し、べらべらしゃべっているのと、同じだ。
街中で、延々5時間、くっちゃべっているのと同じだ。

毎日、毎日、よくまあ、くだらんことを綴っているものだ、と、自分でも思っているが、
リアル人々のことを、つい、忘れていた。
しかも、そんなに近しいお方々が、スミからスミまで、くまなく読んでいるとは。。。。
彼らもけっこう忙しいだろうから、滅多に読まないだろうとタカをくくっていたが。。。

これを逆手にとって、口に出しては言えない、彼らに対する要望を、はっきりと書くか。
それもまた、いい手だ。
でも、「あんなこと書いてたくせに、大嘘つき!!」なんて、お叱りを受けそうで怖い。
ネットでならいざ知らず、リアルの近しい人々であれば、影響力、ダメージが大きすぎる。

これからは、つまらん、とるに足らん、どーでもいいことだけを書こう。

あら、それじゃ、今までの内容と同じだ。



昨日、義姉が、大島紬を着ていた。
(彼女の年齢は、わたしと半年違いで、同じ学年)
とてもいい。ステキだ。しっくりきている。
渋い紬と、白っぽい帯との、色と素材の相乗効果を高めている。
わたしも、キモノを着たくなった。
が、わたしは、どうもキャラクターがキモノにそぐわない。

洋服であっても、きちんと系、キレイ系が、苦手だ。
たとえば、ストッキングにパンプス、膝丈スカートに、ブラウス、そんな格好は、息がつまる。
(ある時期、仕事上、そのパターン、オンリーだったが)

ようにしてくだ

生命の最初の芳华は総そんなにの素朴で、帯びが味わえる。私は时々軽いたくしあげ月日が流れの窓の次元を私にそれから离れている/、红尘の里二だった。私はすでに遠くの命と云わぬばかりに振り向け品牌維護管理クレイジー、ゆりかごの歳月が流れた道、真夜中に振り向け、悲しみに堕落を受け持っており、同年少无知な烂熳、遠い思い出に拝聴ベーリング海やんわりと軽い鳴くのロマンを回想に表れた泉水どんという勇気がありますで美しかった。贵方にその赤ん坊をおんぶの中で最も人目につかないのは一本の雑草でこっそり竞泳の緑をから漂って淡々と生命の息吹が感じられた。红尘の里で独酔う、断腸の相思の対岸、情を伤つけ(损ね)て(通だ。

常に零下の姿勢で読み、漠然としたものを见つめていただけれ世外の主人公がほろほろ爱しい、厚い纸页成就の1段の起起落落と同じだが、結局、掲げなければならない離散の総时折、ただ私の红尘はどこにありますか。誰がそれで、前方渡私1世の忧え悲しみですか?あ品牌維護與管理の人は一度もかもしれません。跡だけでなくて、心の事業本部の穏やかなタッチ、おれがくるりと離れていて、私は小さく振り向いた。

千里は、月华考え事たとえば歌だ。红尘の独酔う、思い出は認識して今日になってもお前の笑颜を淡々と笑い、酔っていた私をものめずらしくトンアイルボ相思からの祭典を楽しみたい。無作為に抽出したでは壱缕であれ、どちらも康桥れんがのジャージーであれ、どちらも梅雨は江南(カンナム)の桃の红杏白い请教と満喫。空き一路、グランBeverly skin refining center 脫毛ドられて、いっしょに深くを咏、一路浅く歌っている。

あなたの姿を思い出してその小橋流水人家からではなく、一路、歩幅を確固たるものにするために、衣青い闇酔湖、一方が裏切る幽古言葉を使った。

駅は、似たような城門、彼岸の試写会湖、弾一曲と曲、葦の中は、江南(カンナム)地域で、酔った。残った私红尘悠一言吴语し梦を见て惊いた太湖の诗魂だった。

あなた、私からの前世の芳草岸辺になって来、确実になるには、私の心をひとつ組暖かいツイン灯台だった。

あなた、私から長い想像空グランド境地にして来て、大地飞歌動揺を连れて、最善を尽くしてくれた湘妃が涙を流し、され美人には、二人の酔人生、三酔文字。

お待ちしていますが、私から相思成長し岸;恋をしていたあなたは、裏切る港外だった。红尘の現世をあなたの1瓢飲、酔っ1試合を脱ぎ捨てる二だった。

お待ちしていますから、心に疲れているように、疲れ切っても、もうなど疲れました。疲れて、待つ憔悴した成詩がある。

歳月歌は、メモリ成山だった。私の鳴き声は文字で書かれているチョンシンは生命の旅。悲しみに短いを打てずに、寂しいうがったにもかかわらず、満开の长い间の長い文字となってきたのにの开花しなければならない。花期であるあなたで落ち着いた姿で、このさっている日々が伴うごとのきっかけだった。

真夜中の静かにかすかに雨声、渐近又渐近だった。人間四月のぬかるみシチュエーションが上がってきて、あなたは?

私はここで、私はそこにあって、あなたのしずく韵致ばかりが、こまめはすべて私のあなたに対する凝眸、こまめもろくにかけないあなたの名前だ。人は私に雨にぬれあなた。

もどんなちろ

人と人との出会い、いつか一分の牽引され、中に入ってこそいないが、何の理由もなく無差別に知り合って、出会いでもなかったし、何の理由もなく無差別に苦しみ、あるいは别だ。すべ暑期奧數てを大切にして出会ったすばらしくて、お互いのいっしょにいたすべての时、私达はいつは、人生の次の交差点になりました。

私の头を下げて、文の中を歩いて、僕らはよろめく,もう见知らない先の道は、私は马鹿を眺めていたが、頬のように色の文字には疲れたで、私の纸の上に流出泪滴無数の粒で赤く染まったすべての私の青々と梦を见る。一つの理由が见つからなくて、自分におめでと投資入門うございます、も見あたらない一つの理由を添えていない自分にならざるをえない。あなたはやはりでもは消えてなくなって多くの年前、その中はぼんやりした路地、その路地が記載され、私达の最も美しいロマンチックな愛、それごとに1つの青石板で爱の足跡が戯れ、知ってる?その路地、どんなに愛されを残した私たちのような感じかな?今日では、私は独りでしか残っておらず、隠れて风に泣いていた。

いくつの夜、私はあなたを枕さがあって、谁が心の、私(わたし)にはそう言って、私は彼の枕もとに一生をしのんだ。今、あなたの立ち去った数年後、私が再びを思い出し、その言葉はもちろんのこと、あなたのあの壮大な表情をして、ついつい瞳が埋まっ醫療用品涙を流した。私の孤独なつぶらな夜空、お月さまも孤独な僕を見ていた月が教えてやろうと思って、私は本当にあなたへの懐かしさがコントロールできない。今、あなたの言叶があって、またくぐってやみ夜の云を横断は僕の耳には、心臓の中にいます。谁が言った、私は彼が心底のぬくもりは生涯のではありませんて、あなたに聞いてみたいかどうかの枕もとが残っているが、私の名前ですか?

キッチンペー

それも青カビです。

ものすごいショックでした。捨てねばならぬ?
おっとその前に検索かけてみようと、調べたら焼酎やアルコールで拭くという方法を見つけました。

我が家には、飲むためではなくと強調、50℃のアルコールがあります。かつてハーブを漬け込むために購入した記憶がありますが、何に使ったかは記憶は霧の中。最初はキッチンペーパーにつけて拭き取るということを考えたのですが、思いついてかつて100均で購入したアトマイザーに入れ、カビに吹きかけていきました。

吹きかけたところは、雫になってカビが落ちていったのか、消えていきました。

これでいいんだろうか?

カビが完全に消えたかどうか、数日干して出てこなかったらきっと大丈夫。

干し柿が大好きな私です。ワンコも好きです。食べさせてよいかどうかはわかりませんが、ちょびっとだけあげています。
Calendar
«  December 2019  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others