ハードボイルド

細かい描写、台詞回しは忘れましたが。
「ハードボイルド」の日本語訳は「やせ我慢」ってのは、「ハード&ルーズ」の台詞でしたっけ?
催淫剤
日記の彼女とは友達付き合い出来そうです。
ただ、むこうがMでこっちがSである以上、どうもそういう目で見てしまう。
友人として魅力的な人物なので、そんなふうに見るのは失礼だと分かっているのに、やせ我慢で乗り切らないといけないのに、これが難しい。

過去、同じように「選ばれなかった」ことが結構あるのですが、いつもこの「やせ我慢」が難しい。
乗り越えれば仲の良い友人として色々話せる間柄になるのは、経験上分かっているんですが…
なかなか冷静にいられない。

自分自身既婚者で、望まれても独占させてあげれないのに独占したくなる。
まったくもって、フェアじゃない。
日記の彼女がそれを望んでいるのかどうか分からないし、そういう対象としては見ていないんでしょうが…

未練がましいなぁ。
男らしくないなぁ。
こうやって、外に吐き出している時点でハードボイルドから遠ざかってるんだよなぁww
威哥王
自分自身「格好良い(=ハードボイルド)」には憧れますが、なかなかその境地には至れません。

東北へ出張決定

今週金曜から日曜まで岩手に出張と相成りました。
催淫剤
金曜は花巻温泉で一泊、土曜は釜石で研修と懇親会、日曜は視察の後帰阪の予定です。

個人出張なら空き時間を自由に使えたのですが、残念ながら偉い先生2名に同僚1名の計4名。あまり自由時間はなさそうです(涙)

初日は抜け出しても周り旅館しかなさそうですし、翌日は飲んだあとですからあまり動けなさそうです。

・・・せっかく行くのにもったいない!!

あ、なんかオススメのお土産とかあったら教えてください。

ついでに、大阪土産持ってくんですが、どんなのもらうと嬉しいかも。

情報お待ちしております。

m(_ _)m巨人倍増

クリスマスH

皆さん、おはようございます!
媚薬購入
22日は彼氏サンと3ヶ月ぶりのデートでした。

でも、彼氏サンは徹夜明け一睡も寝ておらず、ワタシも前日3時間の睡眠時間で、眠たい、眠たい。。。

クリスマスデートの雰囲気なんてなく、ワタシは大阪での仕事にヘトヘトで、とりあえず休みたくて、
ラブホの時間まで、ネットカフェへ。

ワタシも彼氏サンもあまり、ほとんど漫画も読まずネットもせず、ダラ~~っと休憩。

ワタシがペアソファでうたた寝し始めたら、
彼氏サンが突然覆い被さってきました…!ビックリ(笑)
シーンとした空間で、突然、服の上から胸を揉まれて…。

実は前日からチクビが痛いほど勃ってしまい、ブラに擦れて、すごく痛くて。。。

彼氏サンとのエッチを期待しすぎ?(苦笑)

なので、服とブラの上から胸を揉まれただけで、チクビが刺激され、感じてしまいました。。。

「・・・ッ」

声を出しちゃダメだけど、息は荒くなっちゃいます。

スルッと大きく空いた胸元の空いた服から、手を差し入れ、ブラカップの中にも指が…。

「アッ…」

声が漏れてしまいます。

声を我慢しながらも、
彼氏サンにピンッと尖ったチクビを摘ままれてしまい、
どんどん感じてきてしまいました。

すると彼氏サン、タイトスカートを履いていたワタシの足を広げさせ、黒タイツの上からオマ○コを。

身体をくねらせ、そこをムニムニ押したり、手を滑らせたり…。

我慢出来なくなり、
ワタシが彼氏サンの顔を見て、唇を奪いました。
いきなり舌を絡めた激しいチュウを…。

彼氏サンの荒い呼吸で彼氏サン自身が興奮してる様子が伝わります。

彼氏サンの手が器用に、
ワタシのタイツのウエスト部分から、パンツの中に…

もう、ヌルヌルになっていたワタシのオマ○コは、彼氏サンの指の潤滑油になり、
指がスルッとクリに。

「…ンン!」

また感じ過ぎてしまい、彼氏サンの指がオマ○コの中に届いたときには、

ピチャピチャ…と水音が漏れます。

廻りのブースには誰もいないですが、隣は通路で…。

恥ずかしさと気持ち良さで、
さらに興奮…。

彼氏サンが指を抜いてくれて
『すごいヌルヌル(笑)』

と笑われました(///∇///)

彼氏サンが自分でズボンを少しズラして、
チュウをしながら、ワタシは手で固くなったオチンチンをスリスリ…。

すぐ、彼氏サンが
オチンチンをプルンと出してくれました。

手で先端を撫で撫でしてみると、
ものすごい我慢汁が…(笑)媚薬ランキング

ヌルヌルなのを指で楽しみ、先端に塗ってました。

すると『舐めて…』

彼氏サンがさらにパンツをズラしてフェラのお願いです。

彼氏サンの太ももに膝枕をしてもらうような姿勢で、頭を股間に近付けます。

舌でペロッと先端を舐めて、
オチンチン全体を口に含みました。

パンツをずらした状態で、あまり激しくフェラできないですが…

彼氏サンがワタシの身体に、ブランケットをかけて、見えないように。

ワタシのスカートの中にも手を入れ、クリを刺激されたり、中を刺激されたり…

喘ぎ声を堪えて、
口にオチンチンをくわえて
クチュクチュという音と
「ゥ…ン…ン」ともれる息づかい。

カリまでくわえて、指も口の中に入れ、舌と指と一緒に刺激していたら、

『あぁ…イキそうだ…』

ワタシ、刺激を一度中断。
また舐め始める…を繰り返していると

『あぁ…出るよ…』
「いいよ…出して…」
『すぐイクけど…なぁ♀の中でイキたい…』

オチンチンから口を離し、
「ん?挿れる?イイよ…」

彼氏サンはパンツとズボンを半分ズラし、

「どうがイイ?」
『どうがいいかな(笑)』

とヒソヒソ離しながら、
ワタシはソファの背もたれに手をつき、スカートを捲り、タイツとパンツを太ももまでおろし、ソファに四つん這いになります。

彼氏サンが後ろから近付き、
固くなって、ワタシの唾液たっぷりのオチンチンを後ろから挿入…!

「…!」
息づかいだけ、お互い激しくなります。

固いものを、グチョグチョのオマ○コに出し入れされ、

「ン…」「ッ…!」
声にならない声が漏れて
彼氏サンを振り向きます。

彼氏サンは左手をソファの背もたれにつき、身体を支えながら、ワタシに覆い被さります。

耳元で
『あぁ…気持ちよすぎ…もうイッていいか…?』
とささやかれ、
「うん、イイよ…」

すると彼氏サン、ラストスパート。
ワタシは彼氏サンの顔を見ながら、
彼氏サンのが、中でビクンッビクンと4~5回脈打ちながら中で果てました。

ワタシもかなり気持ち良くて、
オチンチンのビクンッビクンに身体が反応し、ワタシの身体もピクピクなっちゃいました。

彼氏サンがオチンチンを抜く前に
紙おしぼりを用意してくれ、

オチンチンを抜いて、
ワタシはオマ○コを拭いて、

彼氏サンもソファに座って、オチンチンを拭き、

ブランケットを2人にかけて隠してました(笑)

『久しぶりだから、すぐイッちゃった、ゴメンな』

「いいよ、ワタシも興奮したし、気持ち良かったヨ(笑)」

2人で仮眠して、そのままラブホに移動しましたが
2人とも極限まで疲れていたため、そのままチェックアウトの時間まで寝てしまい、媚薬ランキング
エッチはあの、漫喫での1回のみになりました(^_^;)

きょうは

昼間眠たくて
眠たくて

なんだか寝てました

でも目が覚めると
何処かに行きたくて

でも威哥王
又ねて

結局肩がこりすぎて
痛いので

近くのマッサージに行ってきました

少し楽になりましたが
今度はつまらなくなった この時間です

この時間
何処にも行けないし

媚薬ランキング
つまんない