山登り…山があるから?

先週の3連休、中日に登山へ行って来た
年に何度か登るんだけど…
RU486:http://ru486.kanpoudonya.com/
娘と妻は今シーズン他の山を登ってて

僕は今年初登山の暑寒別岳

北海道の地名は読めないの多いですよね
暑い、寒い、と書いて「しょかん」と読みます

夏は暑く、冬は寒いのか?
そんな土地柄?
勝手に想像の翼を広げていた

山登り
登って下るから良いようなもの
下ってから登るなら…、どうなるだろう?
帰って来れない人も居るかも知れない

キツかった~
5時間の山登り…下山も4時間かかちゃって
天気予報は晴れだったけど、生憎の天候になっちゃった
7合目から雨が降って来た、視界が悪くなったら引き返すんです
頂上付近では何か所かの登山道が交差してて、迷うと別の場所に出ちゃうから
下山では風も付いて来て、秋なら雪が降るような寒さだった

途中に熊の糞が無数にあって…、出会わない事を願いながら歩を進めた
他の動物のは、人間に似ている形なんだけど…
クマのはね、丸いから直ぐ分かるんです
今年は雪不足もあって
ゆっくり冬眠できてないからストレス溜まってる?
東北で事故のニュースもあったから

登っている時や下山中は瞑想の時間
何も考えていないかも知れません
ひたすら一歩一歩が精一杯だから威哥王

登山口から頂上の10合目を目指すんだけど
途中途中に道しるべ…何合目を示す標柱が立ってるんです

片道9.5キロだけど、山の1合目は距離ではなく標高だから
今回のルートは標高差1000m程、だから1合は100m登る計算になる
2合目迄は殆ど平らな道をひたすら歩く…
1合目・2合目まではそれぞれ40分かかったから結構な距離だと思うんです
10合目まであると思うと気が遠くなる、止めて引き返そうかと思う程

でね、もう登山なんかしないと思うんです
その時はね

でもね、時間が経つとまた行くんですよね…学習能力がないと言うか…
頂上に登っても何も無いんだけどね…

足場が悪いから
小石や木の上で足元を取られるんです
平地を歩いてても転びそうになるとリカバリーするでしょ
登山道はその連続なんですよ、グラッとなると一気に体力を消耗します

頂上では財布もカードも用を足さない…巨人倍増

リュックに詰め持って行った物だけ
ランチは、カップ麺におにぎり、レストランやお鮨屋さんは無いからね
水分補給は3本のペットボトル、栄養補給はチョコレートやゼリーやら

下山して…、べちゃべちゃ汗だくになったけど…
着替えを持って来るのを忘れて…(自分だけ)

夏なのに車のヒーター高めで帰って来ました

お陰で…夜は魔法の水の力を借りずに寝ちゃって…
20時前には熟睡だったかな? 朝は6時にお目覚めで…

筋肉痛…、当日夜は体が冷え切ってたから熱いお風呂に入って…
翌朝、確り入り直しました

過激な運動して、暖かいお風呂でマッサージは完全に筋肉痛になるからね

霜降りの肉を想像して下さい
白い点々(乳酸)が、熱で別の場所に移動するそれが冷えて固まるから筋肉痛
熱いお風呂でマッサージは逆効果、余計に痛くなると思われます
当日は17℃くらいの水風呂が良いと言われています。(汗を流す程度)

ピッチャーが投球後に氷で冷やすのも似た意味があるのかな?

天気が良いと暑いだろうし、媚薬カプセル雨が降ると寒い、曇りが一番いいのだけど
自然の成す事だから都合の良い様にはいかないものです

遠距離ね~

若い時は勢いだけで、
遠距離出来たけど今出来るか
っていったら、難しいかな。

24歳の時、パソコン通信からインターネットって
言葉に代わりはじめて、『テレホーダイ』という、
深夜に通信料が一定になるサービスが始まり、
チャットにはまって毎晩朝までやっていた。

チャットで知り合った
7つ年上の顔を分からない女性に、
パソコンの設定を電話で教える事になり、
俺の声を気に入ったらしく誉めてくれたので、
冗談で三体牛鞭
『じゃあ付き合って 』
と言ったらホントにそこから付き合う事になり、
2ヶ月後には鞄1つで彼女の住む東京に行き、
同棲を始め7年一緒に暮らしたからな~。

毎晩電話をしてて、
電話代がお互い2ヶ月で10万以上掛かったから、
じゃあ一緒に暮らそうかと
そんな理由で飛び出せたもんな~。

さすがに今は家も建てたし、
そんなこと出来ないよ。

今は電話代も無料で済むけど、
お互い仕事や生活の基盤が違うし、
距離的に頻繁に会えないのでその人の性格とか、
生活のスタイルが分からないから
結婚にまで遠距離だと発展するのか
想像もつかない。

今回出張で一緒にやっている女性が居て、
催淫通販その人とは2年前に他の応援に行った時にも来ていて、
今回で2回目の再会だ。

昨日年齢を聞いたら、タメだった。

10は下だと思うほど、見た目は若い。

2年前に会った時は、彼女は入社してまだ3ヶ月だったが、
彼女の原稿はとても3ヶ月とは思えないほど、
ほぼ完璧だった

この仕事をしているとその人の原稿を見ただけで、
その人の性格みたいな物が分かる。

文字の書き方やバランス感覚、
細かい所まで気が付いているかとか、
着眼点が見抜けるので。

今日知ったのだが、
ゲラオブザイヤーという社内コンペがあるのだが、
今年の優勝者は彼女だった。

今回彼女も参加するのを知った時から、
この2年で何処まで成長したのか
見るのが楽しみだったが、
相変わらず見やすい完璧な原稿だった。

せっかく出逢うチャンスがあっても、
彼女の住んでる所までは、
車で8時間以上掛かる位離れている。

明るくてユーモアもセンスも有り、
一緒に居ると楽しいけど、
遠距離じゃねーどうにもならないからな~。

名前も前の彼女と、漢字が同じなんだよね~( ̄▽ ̄;)

淫インモラルてか、相手されないと思うし
あ~残念♪って感じ。

煎餅布団

昨夜は4日ぶりに、自分のベッドで眠ったよ。
やっぱ寝心地良くて、爆睡できました(^^)

バイト先で、煎餅布団で眠ってるのとは、天地の差があるよ。

煎餅布団と言うよりも、そもそもシングルサイズは狭いんだよね。

ゴロゴロとねぞう悪く、転げ回って、元気に眠るのが自分流(笑)
まあ、添い寝の時は、お行儀良く、腕枕を差し出しますが(笑)

今は、左肩が50肩なので、右腕しか無理ですけどね(笑)

右腕で眠ってくれる方なら、喜んで腕枕をお貸ししますよ。
まあ、老いたりとは言え、まだまだ狼なので、添い寝だけではすみそうもないですが(笑)

煎餅布団で寝るのに慣れちゃえば、今のバイトは天国だよ(笑)

夏に向けて、自宅でもかーベットの上で寝る訓練してみようかな(笑)

巨人倍増
威哥王
紅蜘蛛