愛之助&紀香が大安入籍 新しい“梨園の妻像”へ女優活動と二足のわらじ

歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(44)が大安の30日、結婚したことを発表した。この日、午前に代理人が都内の区役所に婚姻届を提出。報道各社に送信されたFAXには「婚姻の手続きをいたしましたことを、ご報告させていただきます」とつづられた。31日に都内のホテルでツーショット会見を開く。紀香は妊娠しておらず、仕事を続ける。挙式・披露宴は今秋に計画しているという。
蟻王
 昨年8月末に交際宣言してから7カ月。ウワサのビッグカップルが、桜が花開く大安にゴールインした。

 同い年の2人は数年前から友人だった。昨年5月に女性セブンが「合鍵愛」と報道。当時、愛之助はタレントの熊切あさ美(35)と同せいしており、紀香との交際は否定。熊切が情報番組で涙の破局否定するなど、一時は泥沼化した。

 しかし、8月28日に愛之助が「逆風を乗り越える相談をする中で次第に“絆”のようなものが生まれ、互いに大切な存在であることに気づきました」と交際宣言。紀香もブログで「純粋に、まるで必然的に深い友情が恋愛へと進化」とつづった。以降は、10月に沖縄や和歌山へ婚前旅行に行くなど順調に愛を温め、年明けからは関係者へのあいさつ回りを行うなど、結婚への道を一歩一歩進んできた。
催淫カプセル
 紀香は、07年4月にタレントの陣内智則(42)と結婚したが、09年3月に陣内の浮気などが原因で離婚。再婚となる。愛之助は初婚。関係者によれば、挙式披露宴は未定だが、秋にも行う意向を持っている。

 紀香は今後も女優活動を継続し、二足のわらじをはく。関係者は「紀香には常識にとらわれない新しい“梨園の妻像”を築いてほしい、というのは愛之助の意志でもある」と話している。

 愛之助は4月9日に香川・琴平町で初日を迎える「四国こんぴら歌舞伎大芝居」に出演予定。紀香も駆けつけるとみられ、“おかみさんデビュー”となりそうだ。

 2人は、31日に都内ホテルで会見を開く。幸せ満開な笑顔が咲き誇りそうだ。

「民進党」政調会長に山尾志桜里氏起用へ

今週末に結党大会を開き発足する新党「民進党」の政調会長に、民主党の山尾志桜里衆院議員の起用が固まったことがわかりました。
蟻王
 民主党と維新の党は27日に新党結党大会を開いて合流し、「民進党」を旗揚げすることになっています。新党代表には民主党の岡田代表が就くことが内定していますが、政調会長に民主党の山尾志桜里衆議院議員を抜擢する方針を固めたことがわかりました。
五便宝
 山尾議員は当選2回ですが、「保育園落ちた」というブログをもとに国会審議で待機児童問題を取り上げ、安倍総理を厳しく追及したことも評価されたものとみられます。

 また、代表代行は維新の党から起用する方向で調整が進められていて、松野代表は江田前代表を起用するよう岡田氏に求めていますが、江田氏は「松野氏が受けるべきだ」として固辞しています。

ドラマ「ダメ恋」 深田恭子のダサカワ服が売り切れ続出

「プチプラ」とはプチ(小さい)プライスの略。「かわいいのに安い」という意味で使われ、ファッション誌でも「プチプラ」特集は鉄板企画だ。

 1万円以下の白いリボンつきブラウスとピンクのスカート、フードつきコートは3万円台でパール調のイヤリングは2700円――深田恭子(33才)が身につけたプチプラ服が今飛ぶように売れている。
催情剤
 放送を重ねるごとにじわじわと視聴率を上げているドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)。累計120万部の大人気コミックが原作だ。深田演じるヒロインは、仕事を失ってお金がなくても、つい年下の彼氏に貢いでしまう典型的な“ダメな私”。天敵だった元上司であるディーン・フジオカ(35才)が経営する喫茶店で住み込みでアルバイトして出直しを図ると、転職先で出会った三浦翔平(27才)といい関係に。ところがやっぱりディーンのことが気になって――という恋の行方と同じくらい注目されているのが、深田のコーディネートだ。
ビグレックス
 放送直後、それらは軒並み、ネットの通販サイトで即売り切れ状態。ファッションリーダーであるモデルが着る服が流行するのは当たり前のようにも思えるが、ドラマ発のファッションがブームになる現象は最近では珍しい。

「言うなれば、ダサカワファッションなんです。梨花さん(42才)や紗栄子さん(29才)が発信するアイテムとはちょっと違うかも(笑い)。パステル調のふんわりニットにひらひらスカートといった定番で、ブームを作るワンアイテムはないけど、男性ウケするちょっとぶりっこが入ったモテ系ファッションという感じ。見る人にとって身近で、真似しやすい服を取り入れるようにスタイリストさんは意識したそうですよ」

過大な電流を検出器が検知…4号機緊急停止

関西電力は1日、原子炉が緊急停止した高浜原発4号機(福井県高浜町、出力87万キロワット)について、発電した電気の電圧を上げる「主変圧器」を保護する検出器に通常より大きな電流が検知されていたと発表した。検出器の異常や設定状況を調べる必要があり、木島和夫・原子燃料サイクル部長は「詳細な原因究明にはもうしばらく時間がかかる可能性がある」とした。4号機は3月下旬に営業運転に移行する予定だったが、工程は遅れる可能性がある。
狼一号
 高浜4号機は2月26日に再稼働し、29日午後、発電機と送電線をつないで送電を開始する操作中、主変圧器や発電機などの故障を知らせる警報が作動し、発電機やタービン、原子炉が緊急停止した。
男宝
 関電によると発電機と送電線をつなぐ操作中は、フル出力時の5%程度の電流が流れるが、今回の自動停止時は30%以上の電流が流れた信号を検知していた。主変圧器や発電機の外観には異常はなかったという。