<広島学生病死>一転…強殺容疑逮捕 薬注射し浴槽につけ

昨年6月に広島市安佐南区の男子大学生(24)を殺害し現金を奪ったとして、広島県警は18日、同県安芸高田市甲田町、無職、山本勝博容疑者(43)を強盗殺人の疑いで逮捕した。
新一粒神
 逮捕容疑は昨年6月、男子大学生からだまし取った100万円の返済を逃れようと、大学生に複数回にわたり抗うつ剤を服用させインスリン製剤を注射し、同23日に浴槽につけるなどして殺害。現金数万円を奪ったとしている。
催淫カプセル
 県警によると、自宅で死亡していた大学生には目立った外傷がなかったため、当初は病死の可能性が高いとみていた。その後不審な点が見つかり、交友関係などを捜査していたところ、別の詐欺事件で逮捕した山本容疑者が事件への関与を供述したという。