空自機不明周辺、雲で視界不良多発 飛行の難しさ指摘も

鹿児島県の山中で行方不明になった航空自衛隊機をめぐり、極端に低い飛行高度などの疑問点が浮かんできた。自衛隊パイロットらからは同機の任務の特殊性や、この地域の飛行の難しさを指摘する声が上がる。
魔根
 空自によると、行方不明になった飛行点検機U125がレーダー画面から消えたのは、標高1千メートルほどの山々が連なる高隈山系周辺。最後に記録された高度は約900メートルだった。
夜夜堅
 同機が出発したのは海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県鹿屋市)。この基地から飛んだことのある海自のパイロットは「基地北側には高い山が多く、通常の任務では山が低い南側の空域を飛ぶことが多い」と話す。