感性の問題

メガロフォビアって知ってますか?

知らない人はググってみよう←

~フォビアってのは恐怖症ってことなので、あとは語感で推測できますね、だいたいは。

程度の違いはあるにしても

僕ってこれなんですよ。

メガロフォビア(弱)です。

狭いところは人並みに窮屈に感じますし

高いところは落ちたら怪我すると嫌だから怖いですけど

鉛筆の先は怖くないし

小さいものがウジャウジャ集まってても

キモいなーくらいで平気だし

鏡も怖くないしピエロも平気です。

そんな話を仕事場てしたら

「気のせいじゃないですか?」

で片付けられました(# ̄З ̄)

自分は平気でも人からしたら嫌悪感を感じるものがあるの!!

そういう話なの!

そんなこともわからねーようだから女性スタッフに嫌われるの!

朝っぱらからタバコの臭いを擦り付けられたら気分悪いの!

ふうっ←

まあそれは良いとして。

喜怒哀楽や、好感、嫌悪感。

そういうものを抱くかどうかは

個人の感性によるところが大きくて

「そんなものが好きなのはおかしい」と言われても好きなものは好きだし

「なんでそんなことで怒るの?」と言われても、腹が立つものは腹が立つ。

何をどう感じるか、ということは意識することで変えることができない。

経験によって変化することはあるかもしれないけどね。

何をどう感じるかは人間的な優劣を決定しないと思う。

ただ、それを感じたとき

何を、どういった形でアウトプットするのか

これは、人としての力が大きく問われる部分かと思う。
女性催情剤
淫インモラル
d10催情剤