ブラックセラミックケースで10周年を祝う限定版

「まるで航空機の計器盤から引き抜いてきたようだ」と、このモデルが登場した当初から形容されてきた。スーパーコピーそのスタイルは異彩を放っていたが、ほかでは得られない斬新さを求めるファンに支持され、ブレイク。10年が経過した今日「BR01」とその派生モデルは、もはや腕時計業界になくてはならない存在となった。

その10周年記念モデルは、ブラックセラミックケースを採用したオールブラックモデル。“計器”という基本コンセプトを継承し、12、3、9時位置のインデックスは、実際の航空機の計器で用いられているフォントを採用している。文字盤6時位置には10周年のアニバーサリーモデルであることを示すロゴ、ケースバックには貴重な500本モデルのシリアルナンバーが刻まれている。時、分、秒針以外の機能を持たない姿は、ロレックススーパーコピーミニマリズムの権化であり、カラーリングと合わせて、スペシャル感を醸し出している。

世界最小機械式 ムーブメントの登場

ジャガー・ルクルトによる、世界最小機械式ムーブメント「キャリバー101」。カルティエスーパーコピーこの名作ムーブメントを搭載したコレクションから今年、新たに6モデルが発表された。

キャリバー101が誕生したのは1920年代のこと。ポケットウォッチが影を潜めるようになり、女性が社会進出をはじめるようになったこの時代、ジャガー・ルクルトは女性のためのリストウォッチに着目する。1924年に人気を博したデュオプランをもとに設計を開始し、1929年にこの世界でもっとも小さな機械式ムーブメントを生み出した。80年たった今でもこのムーブメントは「名品」と呼ばれ、ジャガー・ルクルトの歴史に名を残すものとして知られている。0.2㎤、厚さ3.4mmのうちに98個の部品を収め、振動数21600回/秒のテンプを備えたキャリバー101の組立てをできる職人の数は少なく、1年に製作される数は50個のみ。フランクミュラーコピーこの貴重なムーブメントはおもにハイジュエリーウォッチへと用いられ、イギリス女王エリザベス2世など選ばれし女性たちの腕を飾ってきた。