虐待通報、9割が途中で切る 長すぎる音声ガイダンス、短縮へ

児童虐待の通報威哥王や相談を24時間体制で受け付ける児童相談所の全国共通ダイヤル「189」の実態調査をしていた厚生労働省は29日、運用を始めた昨年7月から半年間に全国で月平均約2万6千件の電話があったのに、9割近くが音声ガイダンスの間に切られ、実際に児相が受けたのは月平均2963件にとどまっていたと明らかにした。

 ガイダンスは冒頭の説明や相談者の郵便番号を打ち込むなど平均約70秒あり、長く手間がかかることが切られる原因とみられる。厚労省は4月1日から約30秒に短縮する方針で「巨人倍増今後も利便性向上のための抜本的な改善策について検討を続ける」としている。

観覧車の扉閉め忘れ一周 東山動植物園、乗車の子4人無事

二十一日午後三時半ごろ、名古屋市千種区の東山動植物園内にある遊園地の大観覧車で、幼児から中学三年の男女四人超強黒倍王がゴンドラに乗車した後、係員が扉を閉め忘れ、ゴンドラはそのまま一周した。四人は無事だった。
◆遊園地の営業、当面停止

 別の遊具でも同日、事故があったことから、遊園地を管理する東山公園協会は事態を重くみて、遊園地の営業を当面の間、停止する。

 協会によると、四人はいずれも愛知県春日井市の姉弟三人と、いとこの男児。四人で一台のゴンドラに乗った後、扉が開いたままになっているのを、ゴンドラに乗らずに近くにいた姉弟の母親が気づいた。母親は運行停止を求めたが、係員らは運行を継続した。

 子どもらは、扉が開いた状態のゴンドラが一周する六分間、乗り続けた。地上からの高さは最高で三十六メートルで、速度は分速で十三メートル。地上の風速は七・三メートルだった。紅蜘蛛

 当時はアルバイトの女性(66)と女子大生(22)の二人が係員として運行を管理しており、本来は係員が扉を閉めなければならない。母親が気づいた際、ゴンドラはホームを数メートル過ぎただけだった。非常停止用のボタンがあり、その時点で緊急停止させていれば、四人は降りることができた。係員の一人は「ほかの客もたくさんいて、とっさのことで判断がつかなかった」と説明しているという。当時は乗車待ちの行列ができていた。

 また、同じ遊園地内の遊具「スロープシューター」でも午後三時ごろ、カーブを曲がりきれずに車両が停車し、後続の二台が追突する事故があった。三台に五人が乗っていたが、けがはなかった。

 東山公園協会の伊藤正男施設部長は「あってはならない事故で、誠に申しわけない。態勢や問題点などを検証する。営業停止の間に威哥王安全管理教育を徹底し、こうした事態が二度と起きないように万全を期していく」と話した。

今晩から明日の朝気をつけて!

先ほどヤフーの天気予報見たら三便宝、明日の最低気温2度になってるじゃないですか!寒いですね。

ふと最近思うのがここ数年の10月ってこんなに寒かったっけ?って話。
もう少しいつもの年は暖かかったと思うんだけども、今年は寒いって感じます。そして明日最低気温2度でしょ?もう来月から冬なのかな?まだまだ畑の方後片付けしてなかったり、秋冬物まだ育ってる最中なんですけどね。

明日霜降りそうだなぁ~。
最近寒いからいつ霜降りてもいいように先日ガッツリ収穫してきたので、多少はいいけど、もう少し暖かい日々が続いてほしかったですね。

ま、今晩~明日の朝から午前中くらいの話かな?実際にどんな感じなのかって所もありますけどね、暖かくしてぐっすり寝たい所です。

寒いとおもって居たので、狼一号たまたまですが、晩飯モツ鍋の予定なので美味しく食べて暖かくしたいですね。

夫にメタノール入り酒、妻を殺人未遂容疑で逮捕

メタノールを混ぜた酒巨人倍増を夫に飲ませて殺害しようとしたとして、兵庫県警捜査1課と西宮署などは9日、西宮市今津巽町、無職大川房子容疑者(48)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 発表では、大川容疑者は3月初旬、自宅で、会社員の夫(59)に、メタノール入りの酒を飲ませて中毒に陥らせた疑い。メタノールを入れたことは認めているが、「殺そうとしていない」と殺意を否認しているという。

 夫が6日、外出先の神戸市北区で気分が悪くなり、受診した病院で意識不明となった。検査でメタノール中毒と判明し、超強黒倍王翌日、病院が県警に通報。夫の意識は戻っておらず、県警が動機などを調べている。

男と女が別れる時

彼女の自宅―私と彼女の二人だけ。私は窓辺に寄り、三體牛鞭外の景色に目をやった。夜の帳が落ちている。そろそろ帰らねばならない。私は彼女に背を向けながら言った。
「そろそろ出るよ」
「うん」
 物悲しい響きを包含する声を背中で聞いた。私はリビングを横切り、玄関に向かった。彼女と過ごしたリビングには、まだ愛欲の残り香が濃密に漂っていた。甘く切ない匂いが鼻孔をくすぐる。ムクムクと首をもたげるペニス。私もまだまだ若いな―後ろ髪をひかれる思いで部屋を後にしつつも、心の片隅で満足げに思う自分が居た。
「待って!」
 玄関で靴を履く私の背に、彼女のすがる様な声が聞こえた。ヤレヤレだ。私は心の中で溜息をついた。女ってのはスマートに別れる作法ってものを知らない。別れってものは、いつまでもジメジメと湿ってちゃ絵にならない。もっとも、女のそんなところが可愛くもあるのだが。
「なんだ?」
 私は背中で問いかけた。男は背中でものを語る。狼一号少なくとも私はそうだ、愛を語るとき以外は。
 彼女の歩み寄ってくる足音が聞こえた。別れのキスでもせがみに来たか。それも悪くない。キスで別れを惜しむ男と女、それもまた一枚の絵になるだろう。
「洗い物してってよ。洗い物はKちゃんがやる約束でしょ!」
「あ、だよね、忘れてた」
 彼女は用件を伝えると、テレビを見にリビングに引き返した。
 私は食器を洗った。黙々と。ヤレヤレだ。私は心の中で独りごちる。だいたい、女ってのは食器の洗い方も知らない。食器ってのは表だけじゃない。裏まできっちり洗わなきゃダメなんだ。どこに黴菌がついているかわからないからな。私は洗い続けた。皿も、箸も、まな板も、そして鍋でさえも!その動きには一分の無駄もない。まさに皿洗い職人だ。それもまた、一枚の絵となろう。
 私は自分の業をなし終えると、玄関に向かい、今度こそ靴を履いた。
「じゃ、帰るよ」
 リビングの彼女に声をかけた。お互いの姿はあえて見ない。そんな別れもあるだろう。それもまた、一枚の絵になるはずだ。
「は~い、お疲れ~また明日ね~」
 彼女の軽~い声が聞こえた・・・紅蜘蛛