日本という世界は

明治維新は、一般人にとって『御一新』で、すべてのことに変化が起こった時代。
司馬遼太郎氏が語ったには、「明治維新ドキに、
お寺のお坊さんは、これからは、お寺の時代ではない、として、
風呂を焚くのに薪の代わりに、昨日ま銅鑼灣 髮型屋で崇拝していた仏像を燃やしたりした」という話があった。
一瞬にして変われるダイナミズムを内包しているところがある。

荒唐無稽な落語の話だが、危急の時がくれば、二つになったことを嘆くより、二倍仕事して、
坊さんの如くに、さっさと気持ちを入れ替えてしまうのが、いいのでは、、。
日本語では、ジョークとギャグの区別がはっきりしない。
ギャグを飛ばすという表現は、冗談を言う意味になり、ジョークを飛ばすも同じ意味となる。

では、ギャグもジョークも同じ?
って気になるが、意外にも使い分けているようだ。
たとえば、
駄洒落(だじゃれ)を飛ば銅鑼灣 髮型屋すことを「おやじギャグ」と言うが
「おやじジョーク」という言い方はしない。

実際、オヤジは駄洒落好き。
ジョークなどとおだててはいけない。
放っておくと、いつまでも駄洒落を飛ばし続けるところがある。

ギャグとジョークは、日本人の頭の中では、
ギャグは、『瞬間の笑いの言葉』であり、
ジョークは、小咄のように誰かが思いつき、
笑いを共有したいところから生まれる『笑い話』と考えるのが良さそうだ。

それで当て嵌めてみると、
「おやじギャグ」は、笑いを共有するなんてものではない。
そう考えると、
「ジョーク」と「ギャグ」は、笑いの質で銅鑼灣 髮型屋無意識のうちに区別しているようだ。
そして、どうもそれができるほど、トボケたところがあるのが日本人。
そんな気がする。