殺した生き物の命を意味なく捨てるということ

まず、給食を残すことは、殺した生き物の命を意味なく捨てることであることを、何時間も授業時間をもうけて教えることから始めてほしい。

社会科見学も、とさつ場でいいではないか。

どうやって生き物たちが人間のために殺されているのか、なんのために生き、死んでいくのか、その意味は、殺されてしまったのならば、あとは人間がその命をいただくことで、じょうぶつできるみたいな、指導を丁寧にすべき

ただやみくもに、「食べないと昼休みなし!」て、タイバツじゃないけど、バツを与えてもだめだ。

どうしても食べられないものがあるなら、それをお皿にとらないでおく、そして、その親にその食材が食べれるように保護者面談などで伝えて、家庭での食育をおねがいすべきだ。

根本的なところから丁寧に。

いそがばまわれ。

手間をおしんでめんどうがって、感情的になって、叱るのではなくイカるだけの教師は、食育のために研修も必要だろう。

ところで昔日本の映画で、ツマブキサトシが教師役で、学校でブタを飼ってそれをみんなで食べるかどうかあとで会議するっていうのがあったが

あれは、生徒たちがブタに「ぴーちゃん」となづけて世話をさせることをあの教師が許している時点であの教師はわかっていない。

ペットと家畜は違う。

あの教師は、あのブタに、名前をつけることを許した時点で、あのブタは家畜ではなくペットとなることに気づかなかったのだ。

あの教師は、家畜を食べるかどうかの話ではなく、ペットを食べるかどうかの決定を生徒たちにさせてたという、非常に無神経な指導法(いやもうそれは指導とはいえない)をとった。


映画「モンスターズインク」でサリーが、人間の女の子に”ブー”と名前をつけたことを知って、相棒のマイクは「なんで名前つけるの!名前つけたら愛着わいちゃうでしょ!」と怒る。

そう、一線を引くべき立場の相手には、名前をつけてはいけないのだ。

話がそれたがもっと学校での、正しい食事の指導方法を真剣に考えるべきだろう。

それによって、究極的には、「命」の意味。食べられるものの命、自分の命、そして世界中のひとたちの「命」まで思いをめぐらせる人間を育てられるかもしれない。
五便宝
黒倍王
紅蜘蛛