ウォレットは嬉しい物だというのは疑いようのない事実です

通勤やデートの時に自分らしく使用できるショルダータイプのバッグとして名高いChloeの「パディントン」は、深みのあるブラックカラーが持ち味のグッズです。クルーズラインとはCHANELのラインですが、その名の通り船などでのクルージング向き、すなわちお金持ちがバカンス地で豪華に休暇を満喫するために用意された物なのです。

よく耳にするシャネルというのは、ココ?シャネルが創ったファッションブランド。正確には帽子屋さん 「シャネル?モード」の創設から誕生しました。

Paul Smithの財布は大多数の人に支持されている人気のアイテムです。モデルには二つ折りなどいっぱい作られています。男の子にピッタリな財布ならこのブランドで間違いないでしょう。

どのバッグにしようか迷うのは、女の子にとってエキサイティングなイベント。どんな大きさのバッグを持って外出するかによって、完成した格好のレベルが大きく違って見えます。単純にファッションにおけるブランド品という意味だけでなく、商品自体に芸術的な意味合いを持っているということ。つまりは、そうしたところも一流ブランドが魅力である理由のひとつと言える。

若者から年配者まで、男性が女性への贈り物に選ぶことが多い財布。女性が男の人からもらいたいプレゼント一覧にいつも財布が入ってくるぐらい、ウォレットは嬉しい物だというのは疑いようのない事実です。

EVの普及に必要な条件は?

EVの普及に必要な条件は、このインフラ整備に加えて、つ電池性能の向上、と③価格の低下だという。

インフラの問題では、電力会社が積極的な姿勢で取り組んでいる。というのは、どの電力会社も昼間と夜間との電力需要の差が大きな課題だが、EVが普及すれば、夜間には各家庭でのEVへの充電需要が生まれることで、効率的な電力供給が可能となるからだ。

また、ガソリンの値上がりで客足が減った小売業界や、駐車場経営会社も、駐車中の充電によってEVの利便性が向上する点に注目している。

というのも、現在のEVでは、連続走行距離がフル充電時で「160キロ」のレべルにあるからだ。これが伸びない限り、現在のガソリン車やハイブリッド車との差は歴然としている。

が、ガソリン代よりも電気代の方が安いため、小まめに充電できる環境が整えば、EVの価格競争力は向上することになる。

議定書での約束を守る

今日のニュースは、環境省が発表した2007年度の日本の温室効果ガスの国内排出量だろう。まだ確定していない「速報値」ということだが、前年度比で2.3%増えてしまった。2008年からは京都議定書で定められた削減期間に入るのだが、2006年度は減ったのに増加に転じたことは誠に残念である。主な理由は、中越地震で東京電力の柏崎刈羽原子力発電所が運転停止に追い込まれ、それを補うために火力発電所を稼働させたことだという。今日の『日本経済新聞』などが伝えている。同議定書では、日本は1990年の水準から「6%」削減することを義務づけられているが、この2007年度のレべルは、その基準値をすでに8.7%上回っているから、あと「15%」近く削減しなければならないことになる。


 こういう現状に危機感を覚えたのか、政府も温暖化対策にようやく力を入れだしたようだ。同じ日の『日経』には、政府が10日にまとめた太陽光発電普及のための行動計画が報じられている。それによると、道路や駅などの公共施設に太陽光発電を設置する場合、事業費の2分の1を国が補助するという。個人の家庭への補助は、2005年度に打ち切られていたのを復活し、年明けにも1kWh当り7万円の補助を始めることがすでに決まっている。また、学校などの自治体の施設へ導入する場合の補助は、事業費の2分の1、駅や空港への導入には3分の1が、これまで補助されてきた。この後者の補助率を引き上げるという決定だ。だから、何か抜本的な対策が行われるわけではない。私は、以前に本欄にも書いたが、ドイツのように、太陽光などの自然工ネルギーで発電した電力を、電力会社が買い取る価格を引き上げる対策を実施してほしいのである。これにより、自然エネルギーの導入が利益を生むことになるから、導入の速度は大幅に向上するだろう。


 この問題の解決―つまり、議定書での約束を守る――ためには、日本が得意とする“漸進主義”ではもはや間に合わないと思う。漸進主義とは、積み木を1つずつ積み上げていくように、すでに存在する制度や基礎の上に1つずつ対策を加えていく方法だ。今回の太陽光発電への補助拡大が、まさにこの考えに則っている。また、環境税の導入についても、
同じ考えが見て取れるのである。

仲間はずれ

我が家でも、シャルル・エドワードが、つねに「家族」「家族」といっています。ちょっとでも私や子どもたちから自分が“仲間はずれ”状態になると、本気で怒り、本気で悲しんでいます。そうそう驚いたのが、フランスには“単身赴任”というシステムはないんですって。

彼が仕事上のお付き合いのある日本の会社の方と話をしていて、「じつは今度、○○に転勤なんですが、妻は息子の学校のこともあって東京に残るんです」と聞いて、耳を疑ったといいます。

家族が離ればなれになるなんて…。しかも、そんなことをさせる会社も、それを黙って了解するのも変だと私に向かって、真剣に訴えていました。かくいう私も、小学生の頃、およそ2年間、父が名古屋に単身赴任していました。基本的には父が週末、東京の家族のもとに帰ってきていましたが、しょっ中母は、子ども三人を車に乗せて、5時間かけて名古屋に行っていました。「だって仕事なんだから、寂しいけれどもそれは仕方がないんじゃない」という私を、信じられないという顔で見る彼。

もちろん、日本人にとっても、いえ全世界の誰にとっても家族は大切な存在で、家族と過ごす時問がHAPPYなのは当然のことです。

でも、そんなに私に怒らないで!知人のイタリア人男性は、待望の赤ちゃんを最近授かりました。彼は奥様と赤ちゃんと過ごす時間がもっとほしいと、長距離通勤をしながら長年勤めていた会社を、先日あっさり辞めました。家族をとるか、国民性によって、仕事をとるかまでの切迫感はありませんが、人によって、またほんの少し、仕事・家族の優先順位が違うのでしょう。ただ私が今、確いしているのはフランスでは多くの人にとって、ナンバー1は“家族”であることは間達いないということです。
Calendar
«  March 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others