米アップルの1─3月期は27%増収、アイフォーン販売好調


米アップルが27日発表した第2・四半期(1─3月)決算は、「iPhone(アイフォーン)」の販売が大きく増加したことで、売上高が前年同期比27%増の580億1000万ドルとなった。

純利益は135億7000万ドル(1株当たり2.33ドル)と、前年同期の102億2000万ドル(同1.66ドル)から増加した。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想は売上高が560億ドル、1株当たり利益が2.16ドルだった。

アイフォーンの販売台数は前年同期比40%増の6120万台。ただ、過去最多となった10─12月期からは減少した。

タブレット端末の「iPad(アイパッド)」の販売台数は前年同期比23%減の1260万台だった。

FBRキャピタル・マーケッツのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は、「アイフォーンの販売台数が6000万台超となったことはホームランに相当する快挙だ。アイフォーンがアップルの業績のけん引役であり続けていることが示された。市場は歓迎するだろう」と述べた。

アップルはまた、自社株買いの枠を1400億ドルとし、前年発表の900億ドルから拡大したほか、四半期配当を1株当たり0.52ドルに引き上げた。アップルはこうした措置により、2017年3月末までに総額2000億ドルを株主に還元できると試算している。

決算発表を受け、アップルの株価は時間外取引で上昇。1.6%高の134.52ドルで推移している。

“謎の石像”撤去作業始まる

長野県上田市の千曲川河川敷に無許可で石像が設置された事件で、国土交通省千曲川河川事務所は24日、石像の撤去作業を始めた。数年前から徐々に石像が造られ、制作者が不明のため話題となっていたが、県警は22日に像を設置したとして男性(55)を河川法違反容疑で書類送検した。

 事務所によると、男性の同意を得た上で、業者に委託して取り除く。費用約17万円は男性に請求するという。

 石像は人の胸像とみられ、高さ約2メートル、顔の直径は約1・2メートルに及ぶ。県警によると、男性は夜間に1人で作業。「趣味でやった。自分の中のイメージを像にした」と話している。

DMM.comとは?

DMM.comは、本日(4月20日)、スマートフォン向けオンラインアプリ『DMM.yell』を配信することを決定し、5月5日まで事前登録の受付を開始した。事前登録すると、抽選で50名に7月25日に予定される『TOKYO IDOL FESTIVAL 2015前夜祭』チケットをプレゼントする。

『DMM.yell』は、アイドルが投稿した写真・動画の閲覧、さらにコメントや応援によりアイドルとユーザーがコミュニケーションできるSNSアプリ。さらに、一般の女の子もアイドルと同様にアプリ投稿することができ、アイドルを目指す女の子の入り口としても活用できるという。

主な機能は以下のとおり(プレスリリースより)。

<投稿を見る>
アイドルや一般の女の子が投稿した写真や動画を見ることができます。タイムライン上に新着投稿がアップされていきます。

<yell(エール)を送る>
参加しているアイドルまたは一般の女の子の投稿に対し、ユーザーが「yell」ボタンを押すことで、応援することができます。沢山の「yell」を送ったユーザーのランキングがアイドルや一般の女の子ごとに表示されます。

<コメントする>
アイドルや一般の女の子の投稿に対して、コメントすることができます。アイドルや一般の女の子から返信を貰うこともできます。

<写真や動画を投稿する>
アイドルや一般の女の子は自撮り写真や動画を投稿することができます。ユーザーからのyellを集めることで、獲得数に応じてランキングに掲載されます。人気のアイドルや一般の女の子はサイトでのプロモーション露出や各種イベントへの出演機会などを獲得できるようになる予定です。

街がまるごとアートに彩られる♡

どんどん暖かくなり、足取り軽くさまざまなイベントが楽しめる時期がいよいよ到来。

その春にぴったりなアートを思いきり感じ・楽しめるイベント、「六本木アートナイト」が今年も開催されるんです!

「六本木アートナイト」は六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴です。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させて、非日常的な体験をつくり出します。そして、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルを提案します。

そんな2015年、今年のテーマは、『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』。

今回はコンピューターなどの技術を活用したデジタル映像や音響で表現する「メディアアート」に注目しています。

今回のテーマを表現した”光る大型トラック”である「ハル号」「アケボノ号」が設営される六本木ヒルズ・東京ミッドタウンを拠点に、観客も参加できるインスタレーションやパフォーマンスが登場します。

心機一転!

気づけばもうすぐ4月、新生活の準備を始めている人も多いのでは?
それと同時にダイエットを頑張ろう!!と意気込んでいる人は私はもちろん、皆さんのなかにもいますよね。

「ダイエット」と言っても食事制限やヨガ、半身浴など様々な方法がありますが、どのダイエットにも共通していつも念頭に置いておきたい3つのことがあります。

1.まずは間食をやめてみる
辛いダイエットにご褒美間食は必須♡みなさんもこのように考えていませんか??
このご褒美間食を我慢するだけでどれだけダイエットのプラスになるでしょうか。
ダイエット期間に3食バランスのとれた食事をきちんと食べることで、甘いものが食べたくなる気持ちもなくなるはずです。
食事制限を行いつつご褒美間食をするくらいなら、きちんとした栄養バランスの食事をたくさん食べて、運動を行うやり方が効率良いのです。

2.わずかな運動もダイエットに繋げる
ダイエットしたいけど運動は嫌い…そんなことはもう言ってはいけません。だからといっていきなり10キロ毎日走るのは、体力的にも精神的にも厳しいものですよね。
そこでまずは身近に運動する機会を増やしてみましょう。
例えば階段の昇降。エスカレーターではなく階段を使うのはもちろん、のぼるときは”かかとをのばしてつま先立ち”、おりるときは”背筋を伸ばして奇麗な姿勢で歩く”
これだけで日頃使わない筋肉を刺激することができるのでかなりオススメ。

また座る時間が長いときは、ひざ同士くっつけて内股を鍛える。こうした地道な行動を習慣づけることで、ランニングなどの運動もだんだんと習慣化することができますよ。

3.食べる順番を意識・工夫してみる
ダイエット中は30回以上噛んでから飲み込むことで満腹感を得られる、というのは知っている人も多いはず。このとき少し食べる順番を意識するだけで、効果がさらに増すことをご存知でしょうか?
まず最初に野菜を半分食べ、汁物を飲む。これだけで満腹感が少しずつ現れてきます。
この食べ方は野菜を最初に摂取するため、急激な血糖の上昇も防ぐことができるので、体に負担のかからない優しい食べ方でもあります。
当たり前のことを言っているようですが、お店で周りを見渡すと案外実践している女性は少ないのです。

ダイエットが苦手だった私ですが、この3つを意識した生活を3ヶ月続けただけで4キロの減量に成功しました。
まずは簡単なことから習慣化していき、だんだんと運動や食事制限にも挑戦していくことで、ダイエットを楽しんで行うことができますよ。

フルラからポップな限定コレクション 日本人イラストレーターと初コラボ

「フルラ(FURLA)」が、初めて日本人イラストレーターとコラボレーションしたカプセルコレクションを4月25日に発売する。パートナーとして今回迎えたのは、「パンツはながれる」「とけいのあおくん」などの多数のイラストを手がける絵本作家の殿内真帆(とのうちまほ)。擬人化したイラストでポップな世界観を表現した同コレクションは、グローバルプロジェクトとして全世界で取り扱われる。

 「ファッションとアートの融合」というコンセプトを掲げるフルラは、バッグ以外にもキーリングからヘッドフォンまでバリエーション豊富に今回のカプセルコレクションを構成。オフホワイトとピンクの2カラーを揃えるキャンディ(42,000〜48,000円)やナイロン素材のジョリー(37,000〜42,000円)をはじめ、ミニポシェットのメリディエンヌ(28,000円)やビッグポーチのロイヤル(20,000円)、カラーによって少しずつ表情が異なるiPhoneケース(5,000円)、キーリング(8,000円)、イヤフォン(5,000円)、ヘッドフォン(16,000円/全て税抜)などを揃える。

 また、発売を記念して、4月22日〜28日に阪急うめだ本店1階ハンドバッグ売場イベントスペース、4月29日〜5月5日に伊勢丹新宿店本館1階=ハンドバッグ/プロモーション、5月13日〜19日に大阪高島屋2階イベントスペースにポップアップショップを順次オープンする。

朝日新聞"東京創業の地"に新ビル建設へ 商業施設やラグジュアリーホテルを誘致

朝日新聞社が東京都中央区銀座6丁目の所有地に、 地下2階地上12階建ての新ビル「銀座朝日ビル(仮称)」を建設することを発表した。1、 2階は商業施設、3~12階には国際級のラグジュアリーホテルを誘致。総事業費は解体費等を含め約130億円で、2017年秋の竣工を目指す。

 計画地は大阪で創刊した朝日新聞が1888年に取得し、拠点を置いた東京創業の地。ブランドショップや老舗が立ち並ぶ銀座の中心地で、東京メトロ銀座駅から徒歩3分の好立地に位置する。建物の延べ床面積は約16,000平方メートルを予定し、ファザードは「『100年の灯』~次代をてらす灯、 宿る思い~」をコンセプトに、銀座の街並みと調和した品格と格調のあるデザインを計画している。

 大阪で誕生した朝日新聞は1888年にめさまし新聞の買収をきっかけに東京で創刊し、その2か月後に計画地の建物を取得。以来、1927年に有楽町(現有楽町マリオン)に本社を移転するまでは、同地を東京の拠点として新聞を発行してきた。同地には「三四郎」「こころ」「それから」といった連載小説を生んだ夏目漱石や石川啄木が社員として働いていたという歴史もあり、前の歩道には啄木の歌碑「京橋の瀧山町の 新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな」が設置されている。

鳴り鳴り続く創造の神業の無限進展

これに対してマレリー講師は、この引用文の次にある谷口雅春先生の文章に注目する。それは――「天地創造の大音楽は、その一音符から次の音符にいたる間のリズムの変化に、いうにいわれぬ平和と安息と調和とがある」という箇所で、これについて同講師は、「一つの楽譜の中には休符を入れることができ、この無音の時があることによって、音を一定の時間味わえ、クレッシエンドの効果を際立たせることができる」と述べた。

 私はそこで、「鳴り鳴り続く創造の神業の無限進展」という言葉の意味を明らかにしようと思にこんな質問をしたのだった――

  ①もし神の創造が「無限の進展」であるならば、神の創造はまだ完結していないのだろうか?

②もし何かが永遠に創造され続けるのならば、創造主はすべてのものを数限りなく復製しているのか、それとも、以前とは違う何かを永遠に創造し続けているのだろうか?
Calendar
«  April 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
3
4
5
6
8
9
11
12
13
15
16
18
19
20
22
23
25
26
27
29
30
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others