Rodarte、レヴィヨンの新デザイナーに就任か?

RodarteのKateとLaura Mulleavy姉妹がYves Salomonが所有するフランスの毛皮ブランドRevillonのデザイナーに就任するための契約交渉中だという噂が流れている。関係者からの情報によると、5月に正式発表され、二人は7月のクチュール期間中に最初のコレクションを披露するという。「それはまだトップシークレットです。しかし、レヴィヨンの役員はパリコレ期間中、一部の小売業者にこの情報をリークし始めました」と関係者。

Rodarteは2009年のCFDAアワードを受賞。同年にはターゲットとコラボし、低価格ラインを発売したが、今でもメインコレクションは年に1000着程度しか販売されず、バーニーズ・ニューヨーク、バーグドーフ・グッドマン、コレット、Ikramなどで展開されている。

ニコラス・カークウッドとコラボした2009年秋のサイハイ・ボンテージ・ブーツは大ヒットなった。レヴィヨンとの契約でRodarteの拡大につながると見られている。レヴィヨンはRevillon Freresとして1723年に創業。Salomonが買収した後、2003年から2006年まではリック・オーウェンスがデザイン。その後はピーター・ダンダスがコレクションを手がけていたが、最近、辞任していた。ただし、Rodarteの広報Brian Phillipsは「Rodarteはレヴィヨンのためにデザインしていません」とだけ述べた。

ウソでしょ…昔はここで泳いでいたの!?


4年目に突入するカリフォルニア州の記録的な干ばつ。

事態はますます深刻になっていますが、いまだ恵みの雨が降る兆しはありません。

そんなカリフォルニアの、「昔はここで泳いでいたのか……」と驚かれていた写真をご紹介します。

荒野に立ち並ぶ、子供用のライフジャケット。

その後ろの看板には
「子供は浮きません。代わりに浮くものを渡してあげましょう」
と説明があります。

以前にはここには泳ぐほど、そして子供が足が付かないほどたっぷりと水があったことがわかります。

このひどい干ばつぶりに、海外掲示板には多くのコメントが寄せられていました。

●昔は5万人がここに浮かんでいたが、今じゃゴースト・タウンだ。

↑実際は採鉱タウンを生み出しているけどね。

↑インディアナポリス(インディアナ州)にもダムによって作られた湖があって、こんな風に町を覆っていたよ。その上を進むとき、教会の尖塔が船のスクリューを損壊する危険があると警告されていた。

●悲劇はおいといて、この湖の底に失われたものや、投げ入れられたものからクールなものがないかと歩いてみたいね。実際は見つけるのはゴミばかりかもしれないが、夢は見てもいいだろう。

↑数年前のテキサスの干ばつでは、湖に落ちたスペースシャトル・コロンビア号の1部分が出てきたよ。

●これがビフォア&アフター。

●サクラメント(カリフォルニア州)からだが、これではフォルサム・レイク(湖)ではなく、フォルサム・ポンド(沼)だと冗談を言ってたんだが、最近は冗談を言うのほどの水もない。水を守るためにビールを飲もうと思う。

↑フォルサム出身だが、もう我々はフォルサム・水たまりと呼んでいる。

●日曜日に行ってきたが、そのときの写真。
[画像を見る]

●少し指摘しておくと、ここは自然の湖ではない。もうカリフォルニアは長いこと借りてきた水を使って生活をしているんだよ。

●多くの湖がこんな風に作られている。掘ったわけじゃなく、ダムを取り付けただけ。

●看板にはライフガードは職務中ではないと書いてあるが、もはや永遠にかな?

●昔はこんな風に見えた。
[画像を見る]


近年のカリフォルニアは、降水量・降雪量が圧倒的に不足し、干ばつの他にも大規模な山火事などに悩まされています。

ハロッズ売却

ロンドンの高級百貨店ハロッズが総額15億ポンドで売却された。同社を保有するエジプト出身のモハメド・アルファイドが、カタールの王室関係者に売却することに合意した。ハロッズは1849年に開業した老舗百貨店。英王室御用達だったことでも知られ、日本人観光客にも人気で、年間1500万人の顧客が訪れる。アルファイドは1985年に6億1500万ポンドで同社を買収、英サッカー、イングランド・プレミアリーグのフラムも所有している。アルファイドの投資顧問は「25年間会長を務めたアルファイドは、事業からの引退を決意し、子供や孫たちと過ごす時間を増やす」と売却の理由を説明している。

セウォル号引き揚げへ 作業船が上海出発

韓国で去年4月に沈没した旅客船セウォル号の船体の引き揚げが、中国と韓国の企業連合によって行われることになり、作業に当たるクレーン船が12日、中国・上海の港を出発しました。

韓国では去年4月、旅客船セウォル号が沈没し、修学旅行中だった高校生など295人が死亡、今も9人の行方が分かっておらず、韓国政府は水深44メートルの海底に沈んだままの船体を引き揚げることを決めています。

この船体の引き揚げについて、中国国営の中国中央テレビなどによりますと上海にある国有企業と韓国企業で作る企業連合が受注し、12日、作業に当たるクレーン船が上海の港を出発したということです。

引き揚げ作業では、船内の状況などを調べたうえで、船内にたまった水を抜いたあと船体をワイヤーなどを使ってつり上げ、近くの港まで移動させる予定だということです。

今回の企業連合に参加する中国の国有企業は、ことし6月に長江で客船が転覆し442人が死亡した事故でも、船体を元に戻す作業に加わった実績があり、セウォル号の引き揚げにはおよそ1年かかるとしています。

4年ぶりの議会選挙=混乱終止符へ第一歩

西半球の最貧国ハイチで9日、上下両院の議員選挙が行われた。同国はマルテリー大統領と野党の対立で2011年を最後に、選挙が行われず、9割超の議員が任期切れで失職している。開票作業が順調に進むかどうかは不透明で、大勢判明に時間がかかる可能性がある。

 ハイチ議会は定足数に満たず、機能停止状態が長く続いていた。10月25日には大統領選挙も実施される予定。政治の混乱が続いてきたが、安定に向けた第一歩を踏み出した。

 議会選挙には139議席をめぐって1800人超が立候補したが、支持者の激しい対立で選挙キャンペーン中に複数の死者も出ている。混乱の巻き添えを恐れる有権者は多く、投票率は2割を切る可能性もあるとみられている。

EU、カレー港の難民対策に補助金を支給

欧州委員会は4日、フランス北西部カレー港周辺で難民が英国に密入国しようとして混乱が起きている問題に対応するため、フランス政府に2,000万ユーロの補助金を支給すると発表した。この問題では、英政府にもすでに2,700万ユーロを支給している。

欧州委は、難民対策のため2014~2020年の期間を対象に英国に3億7,000万ユーロ、フランスに2億6,600万ユーロの提供を決めている。両国には補助金に加えて、欧州庇護支援事務所(EASO)が亡命申請の処理を支援するほか、欧州対外国境管理協力庁(FRONTEX)が難民の身元確認や登録を手伝い、難民の出身国や通過国と協力して帰還に向けた渡航文書の発行を迅速化し、共同帰還作業の調整と資金提供を行う。

カレー港周辺では、難民が英国への密入国を狙って英仏海峡トンネルへの侵入を試みる騒ぎが繰り返し発生し、死亡事故も起きている。この周辺にはエチオピアやエリトリア、スーダン、アフガニスタンなどの難民が3,000人以上集まっているとされる。

難民は欧州にとって大きな問題となっている。南欧諸国では地中海を渡って侵入する難民が急増し、国際移住機関(IOM)によれば今年は7月末までに約18万8,000人が救助されてイタリアやギリシャなどに上陸。一方で航海中に死亡する人が2,000人を超え、前年同期の約1,607人を上回っているという。

ホワイトハウスでまた…女が侵入試み逮捕


 去年、敷地への侵入事件が相次いだアメリカのホワイトハウスでまた女が侵入を試みる事件があった。

 複数のアメリカメディアによると、女は先月31日、ホワイトハウスの2重になっている柵の外側の柵を乗り越えた。その後、内側にある柵の手前でとりおさえられ、不法侵入の疑いで逮捕されたという。ホワイトハウスの敷地には入っていないが、建物が一時閉鎖された。女の身元や動機など、詳しいことは分かっていない。

 ホワイトハウスでは去年侵入事件が相次いだため、もともとあった柵にとがった部品を付けたり、外側に低い柵を置いて2重にしたりするなど、対策を強化していた。
Calendar
«  August 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
 
1
2
4
5
7
8
9
11
12
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others