ジップがデザインの表舞台に登場!


“閉じる”ためではないジッブが、存在感を増している.スポーティなムードを感じさせるディテールなだけに、今季のスポーツモードの攻勢に後押しされ、本来の役割を飛び越えて、デザインアクセントとして洋郎を彩る。バレンシアガに代表されるように、どれも頑丈で大きめというのが共通の特徴。

同系色トーンでクラシカルに


愛らしいフレッシュピンクのニット。
これこそ、大人の女性が着るには可愛すぎないかしら?と抵抗感を持つ色合い。
そんなフレッシュピンクを上手に着こなすになら、ボトムは同系色でやや落ち着いたトーンを組み合わせましょう。

オススメはベージュよりもヌーディなピンクベージュ。
クラシカルな色合いと甘い色をプラスすると、大人っぽさと可愛さが上手くマッチ。
ここはふんわりスカートよりも正統派なタイトスカートで上品にまとめましょう。

ややコーディネート全体がぼやけてしまう。
そんな風に思われた方は、キャメルの細いベルトでウエストマークをすると引き締め感と程よいメリハリが生まれます。

全体的に柔らかい色合いなので、靴は黒やネイビーで引き締めましょう。
Calendar
«  December 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others