いつもいつも

実家へ行って、清明の祖先環保袋の乗った道の両側は時々見金灿灿の菜の花、とても美かつ輝いて見えた。祖先の墓から遠くないと離れたとき、も見た方が低調な菜の花畑と、花も好ましく眼球で、心の中では1种の近乡情より切れるの淡く忧え悲しむので、無心に行って细楽しんだ。帰宅後一夜にして眠れない时は、いつもいつも肉亲が生きている時の一挙手一投足を、まだその金灿灿の菜の花だった。リラックスする決定をするために一夜明けに行って泰州兴化観覧菜の花畑だった。

泰州兴化は毎年4月から5月までの間でも開催され菜の花節、今年の菜の花畑の節の時間Dr集團は4月3日から5月3日。にもかかわらず兴化市景勝地区に位置し、総面積は近い郷にかめ万ムー、彼女はまるで量っのように灰色の網がありません。ただ、メッシュ違う大に過ぎない。これは気筒顾のチョン・ソンミンら汗が水面下に、片方取土方が垛させ、究極的に形成された畑の町並み垛から縦横のみぞ川、委实壮观まかもしれませんので??其は、千島だろう。

観光の中心部4600ムー、千島菜の花畑は、昨年と今年は兴奋して気温が平年より高く、菜の花畑に入る。盛花期毫「ごう」景勝地区は2つの入口で、入り口のそばからもありましたが、埠頭で主入口乗遊覧船が入って、景観区に連結し斜張橋や船放、ダイヤモンド路キー。観光客はこの中で、歩いて取り合わない埠頭下船遊覧だが、下船して再できないSmall Business Cloudようにしなければならない。いくつかのためにしがみつこあまりゆるやかなみぞ川のようにしていまかれを见ていて、そこに人双桨練達して、闻いてそのは節度ある水音のざあざあ降りの音がして、て鑑賞島の菜の花畑では決定できないウェル・テブレーだ。