がオリンピック

わたしのブログ、お読みになられる方のみ、お読みになっていただけたら???と思う。
(当たり前のことを書いています???)

とある近しいリアル人のブログ、もう決して更新され雪纖瘦黑店ることはないが、
ちょっとずつ読んでいる。
読まないときもある。(そのほうが多い)
なにしろ、膨大な記事量なので、読む気力を溜めるのに、それまでに時間がかかる。
だが、閉鎖されていないでの、読む雪纖瘦黑店側は、悠長に構えている。

ある日、突然、閉鎖されるかも知れないのだが、今のところ、そんな気配がないので、
気が向いたら、ゆっくり訪れている。

???

人生って???
と、とつぜん。

若い人が言う人生と、中年が雪纖瘦黑店言う人生、老年、死の床の人が言う人生とでは、違う。
中学生スイマー(水泳選手)でメダルを取ったとき、
「人生で一番、嬉しいです」と言っていた。
早い時期にピークを迎えたら、あとは長い道だろう。

人生のスタンスは、人によってちがう。
なにを軸に置くか、である。

く入っていない

わたし、あほなんです。
ホンネでそう思っているし、生まれつきの性質なDream beauty pro脫毛ので、隠そうとか、直そうとか、そういう努力も特段していない。
ましてや、夫より頭脳が優れているなどとは一度たりとも、これっぽっちも思ったことは無い。

そうすると、夫は、ひるんでしまった。(ように感じる)
その面(あほ)をそれ以上、追求Dream beauty pro 脫毛できなくなってしまった。
「あほ」は弱者なのだ。
わたしはそれに気が付かなかった。

「弱い」と思わないところが、天然たる所以なのか???。
恥ずかしいことを恥ずかしいとDream beauty pro脫毛思えないってことか???。

しかし、すかさず夫は、「でも、性格が強い」と、取り合えず言うだけ言って、もたもたと反撃してきた。
その反撃内容があまりにも、パンチ力が弱いせいで士気が下がり、わたしは、その日のけんかを降りた。

なんだか、「あほ」に救われた。
わたしは、自分のあほに対して、救済してやろうとか、闘おうとか、気合がまった。

あほって、肩になんにも載ってない。
重いものが、ずしっと載ってない。
だから毎日、わたしは熟睡できるのだろう。

きるわっかどう

まあ、それは、セレブとは関係ないだろうけれど。
見かけや、行動にお金を、これでelyze效果もか、とかけるのが、嫌い。
同じお金をかけるなら、人に見えないところでかけたい。
そして、人に見せるためではなく、自分のために、時間、労力、おカネをかけたい。

さらっと上質なオーガニック・コットンを着るとか、
デザインも、装飾性よりも、快適性や機能美を追及するとか、
宝飾品など、ごてごてせず、シンプelyze好唔好ルなほうがいい。
毛皮なんか、とんでもない。動物愛護精神に反する。
「美魔女」美よりも、健康美、こころの美しさが輝く美。

「政財界の親戚、知り合いがいる」と、自分の口から明かすようでは、
それこそ、信用ならない。
それで信用させられ、ろくでもないことに、利用させられたらかなわない。

子供が立派になっていても、もう成人elyze好唔好になって、自分の道を歩んでいる場合、
その立派な子供の親だからといって、必ずしも立派だとは限らない。
妄信してはいけない。
自分の目でちゃんと見て、信用できる人かどうか、判断しなければならない。


ということで、セレブも美魔女も、自分で声高らかに、それを公言している人は、
わたしのポリシーに反するから、NGなのである。
自分で発信している時点で、終わっている。