になる議な笑い方

パイロットだった。文字通り鳥瞰目線。リムジーンドライバー目線もあるのだぞ。
昨晩というのか今朝というのか、午前零時過ぎに帰宅。三十分、ぼーとビール。寝る。午前三時十五分、起床。ほとんど寝てSCOTT 咖啡機いない。仕事。ガレージで車の掃除を終了したのが、午前七時。普通なら、八時半には家に着いている。本格的二度寝の予定。地下鉄、郊外線、最寄り駅、下りる。電車がない。また、地下鉄に乗り、サンラザール駅へ。ホームを出る電車の後姿に紙テープ。疲労タイタニック。次の電車、二時間後。そう、フランス名物、国鉄ストなのだ。寒波、霙の中。こちらは、ほとんど寝ていない。倒れそうになる。急に顔がダニエルクレイグ。一昨日、カバンの取っ手に結んでいた折り畳み傘をどこかで落としている。こういうチョンボは滅多にしないけれど、やはり、疲れている。

道筋を戻る。当然、拾われて、持って行かSCOTT 咖啡機れている。フランスで、一旦、体から離れたものが戻ることはないのだ。カミサンもね。そうすると、算数的乗り継ぎ帰宅になる。段々、雨土砂降り。帰宅駅からの道筋を考えると、その合間にどこかで傘を買わなければならない。コンビニなんちゅうものはない。早朝、開いている店もない。どこで調達するのか? しかも、安物買いのなんとかで、フランスの安傘は三回差すとアウト。私は嫌いなのだ、こういうのは。多少、高くても、何年か持つものを買いたい。算数的乗換えの合間に、開いているスーパーを見付ける。「雨と共に生きる」という赤いロゴの入った傘を購入。赤い文字のデザインが女性的でちょっと気になる。

おかまに間違えられるし口説かれる可能性が高まる。おかまに他意はないけれど、こちらは寝ていないから女性でさえしんどいのに。しかし、傘はとてもいい出来。気に入る。と、駅に着いて、土砂降りの中買い物して帰宅して一時間半寝て昼食風呂ピアノブログ料理と俺はピカソかよぉーと思いつつこの異常な高年エネルギーはなんなSCOTT 咖啡機のだぁーとも思うけれど来週のコンサート大先輩三人に羽交い絞めやばいから練習せんといかんのだうで海鮮カレーを食べてトゥルルさまーず見て寝るのだけれどあびるはなんか諸フランス女してしいる。同性の好感度は低いだろうけれど俺は好きだなこういう感じ自由感と衒いがないいいナオンだ、ジャズってる彼女。大竹さんと三村さんはタレ目涙目でいつも見ている。大ファンである。

イトルを括弧付けしたのは、ワールドオーダーの曲名だからである。昨晩、久しぶりに彼らのチャンネルを覗いた。当然にして素朴な疑問。「あれっ、工藤さんは?」。インターネットで理由を調べた。彼は本当にすごい人だ。この決断力は半端ではないと思う。潔さの極致。格闘家の歴史の重みも感じる。「引退の時期」という宿命を。

タイトルを私なりに訳してみると「次の局面」という感じかな、と思う。当然にして、私が今日、記事を書く意味を問われる。

一日中、震災のことを考えていた。五年という月日のことも。そもそも、私が高年プータ
ローと化したのも震災なのである。フランスの日系企業の重責というポスト。私の二十四年間が問われた。お前、そんなことしにフランスに来たの? 当然、ノンである。震災が私に問い掛ける。心の復興はないと。一度折れたものは元には戻らない。

ども徐々に

が残っていることだと思うが『恋は美しく輝くもの』サミー?フェインの楽曲とともに画面一杯に広がって美しく??涙を誘う回想のシーンで物語は終わる。「麗しのサブリナ」や「終着駅」などオ個人化護膚スカー俳優の二人が共演した作品は多いが『慕情』の香港ロケに向う途中、二人は日本にも立ち寄った記録があった。1955年1月30日とある。日本で『慕情』が公開されたのはその翌年4月のことであった。


角帽を被った一年生の私は愛を育んでいたデパート?ガールの彼女と『慕情』を鑑賞していた。

香港島、ビクトリアピークの回想場面で隣席の彼女は手にするハンカチを握り締め時折目頭を拭っている様子だ。音響がシネ護膚品個人化マスコープのスクリーン一杯に拡がるラストシーン??物語の終わりを告げるテロップが画面の下に流れる???


画面に思いを重ね私の左手はそっと彼女の右手に触れる。そして力強くその手を握り締めた。彼女もそれに応える。人前では堂々と手を繋いでなど歩けなかった昭和の青春であった。


時は流れて??我が家族、妻とは何度も香港を旅した。幾度となくビクトリアピークに登り記念写真にも納まったが『映画慕情』の昔話を妻には一度も話した記憶が無い。何故だったんだろう?気遣いか???妻が逝ってしまった今頃になって遠い昔に思いを巡らせる慕情の風景??懐かしいサウンドである。客商売をしていると日常の挨拶で『旦那は改善膚質お元気そうですね、具合の悪いところは無いのですか?』と良く訊かれる。そんな時「頭と懐具合が悪くて苦労します(笑)?と談笑に替える私だったが年齢と共に近頃はそんな冗句が言えなくなった。


医薬には頼らず少々の苦痛なら自力(我慢)でその場を逃れてきた男にも泣き所があって五十代の中頃からは歯科医に通い続ける私である。20年以上も前に施術した金冠や部分入れ歯な維持が困難になり、そろそろ全面改装を覚悟しなければならない時機の到来だという。長年の喫煙による不摂生が原因だとされ、言わずもがな犯人は自身の不摂生にあった。