機能不全家族に生まれて

「安保法案成立を擁護し、反対の学識者らを非難している人たち。彼らって、相当な機能不全家族に育ったんでしょうね…」国際的に活躍する通訳で、国家機関に勤務し、主に難民問題を扱う知人が、昨日私との話のなかでそんなことをもらしていた。
威哥王
私自身、機能不全家族に育った。父親は酒乱の典型で、外では徹底した臆病者の素顔をジェントルマンの仮面でかくし、そのうっぷんを酒の力で家庭における神として君臨した。時には家族の命さえ自らの手中にある!とさえ語ったこともある。
彼は徹底してやくざなど反社会的勢力を軽蔑した。しかし外に出れば、その脅威には薄ら笑いを浮かべべったり恩恵にあずかった。そして家庭に戻っては自らの自身に対する裏切りを、家族に吐き出し、人間の矛盾と汚れと諦めを強要した。私はそのような中で常に硬直しながら成長した。幼い日の写真を見返すと、気をつけ!した姿しかみることができない。許されなかったからだ。
五便宝
5年ほど前から薬物やアルコール、ギャンブルに狂った日々を送り、生きるも死ぬもできなくなった人々が集い、依存物に触れない日々を送る施設に仕事を通じかかわるようになり、私とまったく同じ、またはさらに悲惨な子供時代を過ごした方々とたくさん出会った。彼らの親は、家庭で神だった。その神に見捨てられて心を一度自らの殺した。結果、生き抜くため、時間を忘れるため、本当に死ぬ動機付けのために、破滅に向かった。しかし決して生まれた時から彼らに問題があったわけではない。その環境が大きかった。

確かに私のまわりでも「国のためにどのようなかたちでも国民を守ることこそ自衛隊の務め」「憲法違反でもなんでもいいから、さっさと安保法案を通して中国からの脅威に備えろ!」と乱暴に口にする人もいる。
顔馴染みであり雑談もするゆえに、なぜ、憲法違反を許すのか?他国からの攻撃の渦中に、自分ではない日本人がかかわることは正統か?自分もそこに加われるか?と尋ねれば、決してそうはならないし、できればそうはあってほしくない…
と吐露する。そして「昔から信じてきた、信じさせられてきた愛国の思いを今さら捨て去ることはできないんだ。なぜなら、苦しみの中で教育されたあの時代の苦しみが、無駄になってしまうから…」と答えてくれだ。私の胸に刻まれる。
黒倍王
後天的な精神の疾患は、家庭内の機能不全が大きな原因のひとつとされる。たしかに苦しみと憎しみの中で押し付けられた教育。それを次の代に押し付け負を連鎖させてしまうことも人だろう。しかしどこで負を断ち切るのか?まさに今を生きる私たちにそれが課されていること、この安保法案の大詰めの今、改めて思う。

これも一つの処世術?

……まぁ,モテると言うか,そういうのを好む男子も多いのだと思う。

私が好まないだけなのかも。

「甘え上手」は「モテ上手」。
でも,そういうことを気に入ってくれる男子しか捕まらないと思う。
「需給関係」としては大きなマーケットなのかも知れないけど。

「甘え」とか「依存」は,ある意味,処世術にもなるんだと思う。
甘える必要のない女子のほうが,しっかりしているし,しっかりとした「自分」を持っていると思う。

そんなこんなで,むやみに甘える女子には,やや警戒している。

普段は強くてしっかりしているのに,2人きりの時「だけ」甘えるとか,そういうのなら,許せるかも。

許せる「かも」と書いたのは,そういう人を知らないから。
しっかりした女子は,プライベートもしっかりしている,と言うのが,私の感想。
現実世界に,そんな過大な「ツンデレ」を期待しちゃいけませんね。

本気で結婚を意識して,「生活者」としての力を考えたら,日常的な「甘ったれ」 は却下,と言うことで……。

やっぱり,女子の自立性を尊重したいし,そういう人を応援したいから。
……たとえ結婚しても。
頂点3000
五夜神

男脳、女脳

最近、検査や検診で待合室にいることが多く、そのお陰で、今回日本で買って来た本「話を聞かない男、地図が読めない女」を半分ほど読むことができた。
何年か前に話題になった本でベストセラーになったが、こういったベストセラーの類は波に乗って買う人もいるので、数年後にはブックオフに並んでいることが多い。
「五体不満足」「バカの壁」なども数年前に日本のブックオフで購入できた。
淫インモラル
この本は、「男と女の思考や行動の違いは、胎児のときに分泌されるテストステロンなどの男性ホルモンの量による」と説明している。(そんなのとっくの昔に知っていたって?)
そこで今日、待合室で試したのが、その中にあった、自分は「男脳、女脳」のどちらか?というテスト。
前半読んでいて「私はかなり、、」と思っていたのが数値に出た!
0から150が「男脳」で、150~180がボーダーラインで、180以上300が「女脳」
私は75という、堂々たる(?)「男脳」
「男脳」の解説は「論理的で分析力に優れ、言葉を厳密に捉え、几帳面で物事を整然と処理する」
一方、「女脳」は「創造性、芸術性が豊かで、音楽の分野に才能を発揮する。直感や感覚で物事を判断し、わずかなデータから物事を鋭く認識する」とある。
確かに創造性や直観力はないし、会社で皆がしているうわさにも興味も無いからわずかなデータではなく、全部説明してもらってから「えっ?そうなの?」と最後に知る人になる事は多い。
媚薬通販
しかし気になる箇所。
女性で得点の低い「男脳」の人は、レズビアン傾向になる可能性が高い、という。
そんな~!私は女性の友達も多いが、皆清らかなお付き合いだし(当然だ)下心持ったことも決してない!(女性のマイミクさん、引かないでね)恋人は過去にも、現在好きな人も、将来のパートナーにしたい人も、レズではなく、もちろんホモでもなく、普通の男性です!

この本で言っている「女性の特性」ではっきり私に当てはまるのは、「おしゃべり好き」
それと、「話しながら何かできる」これは多数の男性には出来ないことらしい。
確かに私は、食事の用意をしている時に友達から電話が入っても、手を止めることなくおしゃべりするし、子供達が小さい頃はもっとすごい事をやっていた。
安い、燃費が良い、壊れにくい、という理由で長年シフト車を運転していたが、カーステレオから流れる童謡を体揺さぶりながら一緒に歌い、シフトチェンジし、助手席のベビーカーの赤ん坊をあやし、後部席の兄弟げんかをたしなめ、「おやつ?大きいかばんの中」と指示し、ながら運転だった。でも無事故。この前のが最悪の事故。

それにしても、まだ途中だがなかなか面白い本だ。ご夫婦で、どうも気持ちがすれ違って、、と思われる方は、相手の不可解な言動の理由が少しは理解できるはずなので、一度読んでみてください。