ステント療法の特徴

治療時間は1時間から1時間30分程度で、入院期間は2~5日程度です。

狭心症の程度や、狭窄の場所によっては、日帰りで治療出来る場合もあります。

費用は総額150万円程なので、健康保険の自己負担が3割なら50万円程度になるそうです。

高額医療費制度が適用された場合には、15万円~20万円程度の負担になります。

ただ、ステントを入れた部分が、再び狭くなって来る事があります

ステントは体に取って異物なので、それを襲う様にして動脈の組織が増殖してくるのです

これを防ぐ為、現在はステントに組織の増殖を防ぐ薬を塗った『薬剤溶出型ステント』も使われて居ます。

このステントを使って場合、ステントを入れた部分か再狭窄する可能性は3%~5%に抑えられます

スタチンを入れた部分以外の場所で動脈硬化が進行し、再発が起こる事もあります。

ステント治療を受け、その後15年間で治療した部位と違う場所に再発が起きた人が30%程居ました

またステントには血液の塊(血栓)が付きやすいと言う問題もあります

その為、ステント療法を受けた人は、血栓を作りにくくする薬を長期服用する必要があります。

再発の危険性を解消するため、新しいカテーテル治療の開発研究も進められて居ます

《カテーテル治療の方法》

・カテーテルの先端にバルーンが付いており、それにステントがかぶさっている。

この状態で、冠動脈の狭窄部に送り込みます

・生理食塩水と造影剤を混ぜた液体を送り込んでバルーンを膨らませ、ステントを広げて冠動脈を押し広げた後、バルーンを萎ませてカテーテルを抜き、ステントを留置するそうです。
頂点3000
狼王戦宝
King Wolf狼王戦宝

たった一つの顔

電話がかかってきた時、男と一緒やった

ー病院行くから、帰って
『ん?』
ー親父、危篤やって
『…分かった。近く?』
ーううん、電車
『駅まで送るわ』
ーいけるよ
『えーから』

無言のまま、駅に着いた
ーありがと
『連絡してこいや』
ー…ん
『早よ行け』
ーん
歩き出したら、声をかけられた
『おい!』
ーん?
『…看取ったれよ』
ー…ありがと

病室に入ると、もぅ全員 おった
別に暮らしてる妹や弟ら
親父の兄弟や その嫁や従兄弟まで、全員
…ウチが、最後か…
そう思いながら、親父を見た

機械と管に繋がれてる親父は、どう見ても 生きてるようには思えんかった
古書に描かれてる 餓鬼を、連想した
全身ガリガリで 腹だけ異様に膨らんでる姿が、腹水が溜まり 骨と皮だけの親父と重なる
食い尽くす餓鬼が、消えへんかった

近づきもせず、そのまま病室を出た
伯父が出てきて、言う
「父親捨てて 家出て、えー気なもんや」
「お前のせいや」
「親ごろしが」

叫びたかった
三体牛鞭
勃動力三體牛鞭
蟻力神