結婚は「犯し合い」

親鸞のおしえにみる蟻力神(第五代)

「結婚とは、しなくてもよい苦労や苦しみを相手に押し付ける、つまり犯し合いなのです。男が女に、女が男に対しても、相手の人生でしなくていい苦労をさせている加害者の立場にある、その自覚をもっているかどうかなのです。それが、親鸞の言葉でいうと『悪人』ということにもつながるのでしょう。自分こそ悪人だと自覚していることが救いにつながるのです」

「夫婦は“所有関係”ではなく、互いに因縁があって一緒に生活するということ。いろんな愛があるのでしょうけど、自分の都合のいいところだけをとろうとしたり、自分を犠牲にして相手に尽くそうとしたり、そういうのは必ず破れるのです。だから互いにゆるし合い、levitra敬い、愛し合おうと」

 親鸞は、妻に対して「観音菩薩の化身」として接していたという。そして妻も、後に娘に宛てた手紙によると、親鸞を観音菩薩とみていたというのだ。

「自分のなかにあるおぞましさを鏡のように照らし出してくださる方として、夫や妻を観音と擬人化している。結婚というのは、赤の他人が出会い、身内以上に親しい、一番近いところで生活する。そのときに『浮気してやろう』だとか、夫婦げんかだとか、いろんな煩悩が起きる。そのゴタゴタによって自分のなかの悪人性、相手を傷つけるような気持ちなどが見えてくる。相手はそれを見せてくださっている観音菩薩だということです。結果論ですが、恐らく親鸞は結婚することによって初めて、蔵八宝自分を学ぶことができた。人間というものがどういう生き物か明確にできた。そうして互いに鏡にしていたのではないでしょうか」

恋愛不適合者

改札口に1人の男性が立ってました。
僕はというと韓国痩身一号その日は大雨で週に三回の路上ライブをする日でしたがこの大雨で普段の場所ではできず駅前の屋根のあるとこに座ってました。。

その男性は何故か大雨なのに1人ベンチに座り大事そうに何かの紙袋を持ってました。
でも男性の持ってる傘はあまりに小さく紙袋が少しずつ濡れていっているのが僕には見えました。

勝手に僕は妄想して大事な人でも待ってるのかなと相方と缶コーヒーを飲みながらギターケースからギターを取り出しました。スーパーファット

雨のせいで客も全然いなかったので男性の為にBGMを弾きました。

「雨にぬれても」
何かの映画の曲だったかと思いますが僕はこれが大好きなので相方とジャムりながら永遠と弾きました。

30分くらい弾くとその男性が僕達の前に立ち止まりました。
男性は
「ありがとう。ここは「ゆず」ばっかり弾いてる人が多いから飽きてたけどいい曲聴けたわ。」精力剤販売店
相方が
「誰か待ってたんですか?」
男性は一言
「俺は恋愛不適合者なんよ。」
と言い千円をギターケースに置いてその場を後にしました。

それから路上ライブでちょくちょく会いましたが一度もその理由は教えてくれませんでした。

今日相方とジャムってて思い出した話です。
もう10年近く前のお話です。

その駅で来週路上ライブしようと思います。媚薬販売店

疲れも、なんのその・・・

さすがに今日は疲労困憊・・・

老骨に鞭打って若い社員に交って除雪に汗を流した・・・街頭覇王睾丸素カプセル早漏防止薬

敷地内にある樹木は雪囲いも必要ないほど太く高いので安心していたが、枝が折れそうなくらい、たわんでいる

まったく、解ければ只の水・・・雪国の宿命とは言えいまいましい・・・

完全に腰に力が入らない、イスに腰を下ろせば立ち上がるのも億劫になる

さて、今夜は何を食べようか

野菜や魚のストックを思い浮かべるが、冷蔵庫の中が思い出せない

こんなときは途中で豆腐と白菜を買って湯豆腐で一杯飲むのが一番と

簡単で単純明快な晩酌メニューに決める五夜神生精片

美味しい「鱈」の切り身でもあれば最高だ・・・

しかし、疲れた体で夕食の準備をする主婦の大変さを毎回、思い知らされる

そのてん親父は呑気に構えて、帰宅早々風呂に浸かり、湯上りのビールで喉を潤す殿様気分か・・・

これではかみさんにグチの一つも出て当然か・・・

私にはグチられる相手もいないが、考えるほど寂しくなってしまう・・

疲れがピークになるとバイアグラ思考も暗くなりがちなのか・・・

とにかく、振り絞って元気をだそう・・まだ月曜日だ・・・