「幸せを感じやすい脳」を作る方法

神経心理学者のリック・ハッソン博士は、著書「Hardwiring Happiness」の中で、ポジティブ三体牛鞭(肯定的)な体験をしたときに、それをしっかりと認識することで、脳を鍛え頭の中を支配するネガティブ(否定的)な考えを払拭できると記しています。

「幸せを感じやすい脳」を作る方法
それは、日常生活で経験するさまざまな良いこと、ポジティブな体験をしっかりと意識することで脳に染みこませるという方法です。
良いことをしっかりとかみしめる時間は、10秒、20秒、30秒という短いものでもかまわないということです。
日々の生活には、必ず良いことや素晴らしい体験があるはずであり、それに出会ったときに、しっかりと意識することで脳はポジティブな体験をうまく消化することができるそうです。

人の脳は、ポジティブなことよりもネガティブなことに焦点を当てやすいため、ネガティブな体験から神経細胞が作られやすい傾向にあります。

現実世界はモザイク状でポジティブ威哥王なタイルもあればネガティブなタイルもあります。その両方を意識した上で、よりポジティブなタイルを慎重に選び取るべきなのです

人を幸せにする脳内物質
ドーパミンは「幸せ物質を記憶する物質」=「生きる意欲を作るホルモン」
セロトニンは「幸せ物質」=「リラックス(精神安定)のホルモン」

セロトニンは、ドーパミン、ノルアドレナリンのバランスを整えるホルモンで、
これら3つのホルモンを合わせた三大神経伝達物質が、その人の性格を作っていると言えます。

ではどうすれば幸せを感じるのか
『幸せな自分』をイメージしてみて。このとき、重要なのはビデオを観るように細かい動きまで頭に浮かべること。
リアルにイメージしているときの脳を調べると、現実にその行動をしているときと同じ脳活動が見られます。
この『脳内リハーサル』を繰り返し、紅蜘蛛そこに浮かぶ具体的な行動を一つする。
それが幸せにつながるらしいです。

そんな ゴムタイナ。

ごむたいな !て
漢字変換したら紅蜘蛛
ゴム体内!←やて。どんなんやねん。
怖いわ。

二週間ぶりに
今夜は なにがなんでも
残業せずに 会いに来ると
言ってたKは仕事が 終わらないからと
ドタキャンですわ。

バカにしとるやろ。

わたしゃ 昼から永田町で
ヤマプー先生と あれやこれやと
ミーティングして
色んな お手伝いを してきまして
晩御飯を ご馳走になれる
チャンスまでを棒にふって
とんぼ帰りしてきたんですわ。

ほんまごめん!俺かて 会いたいねん!

言われましてもね

この どぶ池のように 心のアフリカ超人
狭い わたしが許すわけないやろ。

もうほんまに いらん
もう二度と 自由が丘には
足を踏み入れんな!ハゲ!と
返信しときました。


目の前の仕事を がむしゃらに
こなすしかない 過労で 死にそうな
俺に そんな言葉をかけるなんて
悲しいし!腹立つわ!泣けてきた!
ですって。

わしゃ!そんな オマエの言葉が
全部 猿芝居にしか おもえん。
二週間に 一度
自分の都合で 突然に あらわれて
性欲を満たして帰る男なんて
わたしに なんの 益も もたらさんわよ。

もうね。
自分が 会いたいときに
会える 彼氏を さがします。

一階か二階みたいな 人を威哥王
探します。ふん。

夫とみられる遺体放置疑い 妻ら3人逮捕、栃木県警

栃木県警は11日狼一号、同県真岡市の自宅に夫とみられる遺体を放置したとして、死体遺棄の疑いで同市熊倉町、看護助手村山スミ容疑者(58)ら3人を逮捕した。

 他の逮捕者は、いずれも同居する長女恵容疑者(30)と、長男春樹容疑者(27)。恵容疑者は「父は入院していると思っていた」と容疑を否認している。

 3人の逮捕容疑は、村山容疑者の夫進さん=発見時(60)=とみられる遺体を自宅の居間に放置した疑い。県警はDNA型を鑑定して、三体牛鞭身元の特定を急ぐ。

焼津市に「ふるさと納税課」 新年度

都市部と税収威哥王が少ない地方の格差を埋める目的で始まった「ふるさと納税」を巡り、自治体間の競争が過熱する中、焼津市はさらなる体制強化に向け、新年度にふるさと納税の業務を担当する専門課を新設する。5日の定例記者会見で中野弘道市長が明らかにした。

 市によると、昨年4~12月に同市に寄付されたふるさと納税の件数は12万3326件で、寄付額は33億9682万円に上った。昨年12月末時点で489品と多彩な返礼品が人気で、特に天然ミナミマグロやカツオなどの水産物や加工品がよく選ばれているという。

 全国でもトップクラスの寄付額が集まった同市だが、来年度、ふるさと納税の事務の担当を現在の財政部から水産部に移して、専門の「ふるさと納税課」(仮称)を新設することで、巨人倍増さらに対応を充実させる考えだ。