土瓶蒸し

営業メールが昼頃に届きました。
「今日は松茸の土瓶蒸しやります」
蔵八宝:http://www.xn--45q71ww28a.com/
いやいや、いかない訳にはいかないでしょ。
結局21時になりましたが、行きました。

ちゃんと冷たい出汁から蒸すと……。
大分待ちましたが、その甲斐はありました。

軽く蓋をあけて匂いをかぐ。
たまりません。魔鬼天使Muira.PuamaII
思わず普段は頼まない日本酒を頼みました。
土瓶蒸しの出汁をちびちびやりながら、
「男山」の冷酒ををちびちびやるという感じです。

後半になってから、酢橘を搾って、
蓋を開けて具を食べながら、出汁をすすります。
いやー、この松茸の香りとこの繊細さ、加えて酢橘独特の清涼感。
たまりませんね。

本当こんな業の深い食べ物を良く考えたよ日本人。
と毎度思う次第です。

具財はカナダ産の松茸を裂いたもの。
鱈を丁寧に灰汁抜きした切り身、銀杏、三つ葉。
あとは丁寧とられた出汁。

香りは国産よりも量が少なくてもいい香りがします。
でも食感が甘いのでわざとスライスじゃなくて、
斜めに肉厚になる部分がでるように軸を中心にした等分裂き。
分厚い部分の食感は旨かったです。

食べるというよりも香りと出汁を楽しむものですな~。
なんとも贅沢な感じでした。

いいのか今週こんなに贅沢して?中絶薬
いえいえ、秋の味覚を楽しむのは重要なことです。
とても満足したひと時でした。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zhendeaini/25344