顔で笑って心で泣いて

他人の意外な一面を見たことはありませんか?

例えば、VigRx会社では陽気でよくしゃべる楽しげな人が、家に帰る無口で温和し(おとなし)かったり、
温和しいかと思えば趣味には情熱的な一面があったり。

色々な顔を見られると、
「この人が、こんな一面を持っていたんだ!」と、感じられますね。

このように、人は多面的であり、色々な顔を持っています。

まるで仮面を付け替えるように多々の顔を持つことを、
心理学では「ペルソナ」と言うそうです。

あのゲームか?と思ったら違いました。

社会で上手くやっていくために作られている顔といわれます。
無理に笑顔を作ってしまうのも、蔵秘雄精「ペルソナ」と言えます。

●顔で笑って心で泣いて、それでも頑張る人●

私たちは、基本的には人から愛されたいし、嫌われたくありませんから、
人から愛されるような自分でいようとします。
笑顔の自分でいようとすることや、
人当たりのいい自分でいられるように努めます。

これ自体に問題はありません。
社会的に上手くやっていくために、誰でも持つ「ペルソナ」の心理です。

しかし、嫌われたくないとか、傷つきたくないという恐れの心理から、
「ペルソナ」男露888を作った時は、しんどさを感じます。

表面的には笑顔なんですが、内面的には恐れを感じている訳です。

心は、緊張しています。

緊張状態というのは、心を消耗させていきます。
嫌われない為に笑顔を作っていると、

『嫌われてないかな? 嫌な感じに取られてないかな? 
  今の話は悪く取られてないかな?』
 
などと、相手にどう思われているかが、
心のどこかで引っかかりがちになります。

表面的には笑顔で楽そうに見えても、心は消耗しているのです。

嫌われたくない、傷つきたくない等の恐れから笑顔を作っていると、
笑顔がやめられないという重圧を産み出します。

『笑顔の私だと嫌われていないけど、笑顔をやめるとどうなるの?』

という、新たなる恐れを作るためです。

本人の重圧とは別に、他人からみれば笑顔に見えますから、
「元気そうだね」とか、「楽しそうだね」なんて、
声をかけられたりすることもあるのですが、心の中は、元気でもなく、笑顔でない時もあります。

顔で笑って心で泣いて、SPANISCHE FLIEGE D5という状況で頑張っていたりするのです。

自分に無理をさせない為にも、
無理に笑顔を作ることをやめる勇気を、持ちたいですね。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zhendeaini/28238