平和宣言 オバマ演説引用へ 広島市長「被爆者の思い共有」

広島市の松井一実kanpou漢方市長は一日、記者会見を開き、六日の「原爆の日」の式典で読み上げる平和宣言の骨子を発表した。

 オバマ米大統領の広島訪問時の演説から「核を保有する国々は恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」との訴えを引用する。

 松井市長はオバマ氏の演説について韓国痩身一号 「現実の政治情勢を知った上で、あえてそれを追求しようという心意気があった。被爆者の『こんな思いを他の誰にもさせてはならない』という思いにも通じている点で重要だ」と述べた。

 平和宣言ではさらに、行動理念として「情熱」と「連帯」を提示。被爆者の高齢化が進む中、広島市長が会長で、核廃絶に向け国内外の約七千都市で連帯する非政府組織(NGO)「平和首長会議」が、街頭覇王睾丸素カプセル若者の交流を促進していくことも盛り込む。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zhendehenni/26025