精神的疾患病予防などに活躍する機器

目に見えない疲労やストレスを見つけ出し、心身が悲鳴を上げてしまうのを未然に防ごうと日立システムズと疲労科学研究所と協業してスーパーマシンを開発。
SPANISCHE FLIEGE D5
疲労ストレス検診システム

簡単に言ってしまうと自律神経を測定、これを3段階に評価する。

自分の意志とは無関係に体の機能を調整している自律神経は疲労に大きな影響を与えている。
その状態を測定することで疲労を客観的に評価する仕組みで測定方法は極めて簡単。
受診者が機器に人差し指を挿入し2~3分程度心電波と脈波を同時に計測
データがパソコンからネットワーク経由で日立システムズのデータセンターに送られ、データを分析し瞬時に結果を返す。

自律神経機能年齢(自律神経の強さ)
心拍変動、交感、副交感神経のバランスが数値化されグラフで表示される。

3段階の評価基準は以下の通り
①正常②注意③要注意である。(まるで信号機)
スーパーファット
凄く画期的なのは、初期段階のうつ病など、心の病の早期発見が劇的に早まり、カウンセリングだけで治療が可能になり初期段階で治せたり、何より精神安定剤など投薬治療が劇的に減る。
ストレス緩和策の効果も測定できてしまう。
まるでドラえもんの道具である。

流れは労働安全衛生法の改正
12月から従業員50人以上の事業者に対して従業員のストレスチェックが義務化され検診結果は従業員に通知。
希望に応じ医師が面接する。
その結果により、企業は作業転換や労働時間短縮などの処置を講じなければならない。
画期的なのはこの機器により企業が心の病を治療した社員が復職する判断材料に利用出来る。
韓国痩身一号
既に3000台の販売実績
地方自治体や医療機関、大学の研究機関の他、疲労回復を唱う健康食品メーカーなどが商品の効果を検証するために導入する。
人事、労務の効率化に一石を投じ職場環境改善、競争力強化に繋げる。
実はIT各社はこうしたサービスを前々から提供している。
NECソリューションイノベータ、メンタルヘルスケアサービスを拡充しセルフケア機能を追加したり伊藤忠CTCは伊藤忠商事の子会社ウェルネス・コミュニケーションズが大企業向けの健康管理支援サービスをアレンジしたサービスを展開。

働きすぎる日本人の社会、繊細な心を持つストレスを感じやすい方。
不安を感じやすい人。
今後は会社が社員の心の健康管理をする時代が当たり前になるのです。
999皮炎平
人に優しい会社が増えれば良いなと思う相でした。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zhendehenni/27157
I found a great...
  • ほどほどに愛しなさい | 
  • 2016-08-28 05:05:34