ファイサイズ、互換性、画質等各方面で H.265とH.264比較し、H.265 H.264違いを教え

元リンク:http://www.macxdvd.com/blog/smart-h264-vs-h265.htm



4K動画の一般化が進めることにより、動画圧縮規格H.265/HEVC及びH.264/AVCが注目さ れている。いま、世界標準化機構(ISO)によって、2013年1月25日に承認された次世代動画圧縮規格H.265(H.264の後継コーデック)と H.264が圧縮率やファイルサイズ、画質、互換性等の方面での比較が盛り上がる。特に、アップルがiPhone 6/6 Plusから、次期のFaceTimeビデオを搭載するデバイスにすべてH.265技術を採用し、今現在様々なストリーミングサイト(youtube、ニ コニコ等)も新ビデオエンコードH.265/HEVCに対応して始まったし、更に、その波に乗って、いつかの会社がH.265コーデックでの動画エンコー ドとデコードをすることができる動画変換ソフトを開発・発表するのである。そのため、H.264の後継コーデックとしてのH.265とH.264比較すぐ 話題になっている。さて、本文は各方面でのH.265とH.264比較、H.265とH.264違いを教えて!ぜひ見逃さないでください。


 












H.265とは


動画圧縮規格「H.264」の後継規格として生み出されたコーデックである。ITU(国際電気通信連合)においては 2013年1月28日付けで正式に承認されており、ITU側はこのH.265が「次の10年をサポートする規格」としている。今までのH.264よりもさ らに高画質で動画サイズを大幅に減らせることから、動画トラフィックの緩和につながり、携帯端末への動画配信がより容易に行えるようになるものとして期待 されている。



H.264とは


2003年5月にITU(国際電気通信連合)によって勧告された、動画データの圧縮符号化方式の標準の一つである。 ISO/IECでは、ISO/IEC 14496-10「MPEG-4 Part 10 Advanced Video Coding(通称:MPEG-4 AVC)」として規定されている。携帯電話のテレビ電話といった低速・低画質の用途から、ハイビジョンテレビ放送などの大容量・高画質の動画まで幅広い用 途に用いられる。従来広く用いられてきたMPEG-2に比べ、H.264を用いると同じ画質なら概ね半分程度のデータ量で済むよう改良されている。



 




H.265は 最新技術が凝縮された次世代コーデックでありながら、従来主流のコーデック、例えば、H.264に比べてあまり広く使われていない。H.265でエンコー ドされた動画を再生しようとすると、もし高性能CPUと高解像度ディスプレイを搭載するコンピュータでなければ、うまくいかない。なので、自由に H.265/HEVCを再生&鑑賞できようと、MacX Video Converter Proといった専門なH.265動画変換ソフトが必要。このソフトを使って、手軽くH.265をH.264にエンコードして、iPhone iPad及び Androidデバイスに取り込ん再生することをサポートする。





詳しいH.265とH.264比較をしてみよう!


 










































分類



H.265/HEVC



H.264/AVC



名称



MPEG-H、HEVC、Part 2 (2013年1月25日に承認した。)



MPEG 4 Part 10 AVC (2004年に承認した。)



対応環境/互換性



1. プロなH.265 エンコーダー/デコーダー;
2. 1080p、4K、8Kのような高解像度動画;
3. 次世代のハイビジョンテレビ、衛星テレビ。



1.ブルーレイディスク
2.Vimeo、YouTube、iTunes Storeなどが配信しているネット動画;
3. Adobe Flash Player及びMicrosoft社の提供しているSilverlightのようなWebブラウザの拡張機能;
4. 衛星/ケーブル/地上波経由でのハイビジョン放送。



主な改善内容



1. h.264と比較して、同じ画質で40%~50%のビットレート削減ができる;
2. UHD、2K、4K放送&オンライン配信を実現するための潜在力がある;



1. MPEG-2と比較して40?50%にビットレート削減ができる;


2. HDビデオの放送とオンライン配信の発展に重要な位置を占める;



前 → 



MPEG4 AVC、H.264の後継コーデック



MPEG-2 Partの後継コーデック



仕様



1. 8K(UHD 8192×4320)まで対応;
2. 最大300 fpsをサポート;
3. 承認されたプロファイルが3, 追加ドラフトが5; レベルが13



1. 4K(4,096×2,304)まで対応;
2. 最大59.94 fpsをサポート;
3. 承認されたプロファイルが21; レベルが17



欠点



大きい予測ユニット高価な動き推定方式のため、計算コストが高い;



高ビットレートが必要なので、UHDコンテンツの転送が無理。そして、フレームレートが最大59.94に限定されている。




 



H.265とH.264比較:圧縮率


H.265とH.264違いの大きさは圧縮率と深く関わっている。H.265の場合、MPEG-2と比較して4倍、H.264と比較しても2倍の 圧縮率を実現する。これにより、「H.264/MPEG-4 AVC」の半分のファイルサイズ・ビットレートで同等の画質を実現出来るとされている。超簡単動画ファイルを圧縮する方法をお届け!完全無劣化>>


H.265とH.264比較:互換性


H.264ファイルはブルーレイディスク、YouTubeとiTunesストアからの動画、DVB放送、衛星放送、ケーブルテレビサービス、 リアルタイムのビデオ会議などのアプリケーションで使用されている。H.265の普及率がまだまだなので、互換性の方面から言えば、H.264の比べるも のにならない。しかし、上記言った通り、iPhone 6/6 PlusからのFaceTimeビデオを搭載するデバイスがH.265技術を採用し、今現在様々なストリーミングサイト(youtube、ニコニコ等)も 新ビデオエンコードH.265/HEVCに対応して始まったのが、H.265の互換性も高くなるに間違いない。今最も流行っている無料な動画変換ソフトおすすめ>>


H.265とH.264比較:ファイルサイズと画質

Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zql363436136/16527