【随時更新】Xperia X Performance発熱問題・不具合情報まとめ、及び対処法

元リンク:http://www.macxdvd.com/blog/excellent-xperia-x-problems-and-solutions.htm



Xperia Z5不具合

 


Xperia X Performanceレビュー・Xperia X Performance評価


2月22日に開催されたMWC 2016に合わせて、ソニーモバイルは、新ブランド「XPERIA X」のフラッグシップモデル「Xperia X Performance」を発表した。現行機種Xperia Z5から大きな進化を遂げた。Xperia X PerformanceではクアッドコアのSnapdragon 820を搭載し、処理性能は2倍、電力効率も前より一層向上している。更に、カメラ性能では、Xperia X Performanceのフロントカメラは0.03秒未満の高速フォーカスやF2.0の24mm Gレンズを実現し、先読みオートフォーカス技術を搭載することで、撮影がもっと綺麗になる。


バッテリー容量は2700mAh。Quick Charge 2.0による急速充電ができ、10分の充電で5.5時間が使える。LTE Cat9に対応しているため、理論上は下り最大452.2Mbps、上り最大51Mbpsでの通信が可能と言われている。噂によると、Xperia X Performanceの電源ボタン部分に指紋センサーを追加する。公開された本体のスペックや性能を見て、ユーザーからのXperia X Performance評価がとても良い。それで、2016年に発売される春夏モデルではXperia X Performanceの購入をご検討中の方が多いだろう。





レンタル・購入してきたDVDをXperia Xに取り込みたいならコチラ~完全無料!


Xperia X Performanceレビューから見れば、良い機種だと思う。Xperia大ファンに向け、実用的なフリーソフトMacX DVD Ripper Mac Free Editionを絶対おすすめしたい。この完全無料はDVDリッピングソフトを使って、デッドプールをはじめ、レンタルDVDや、市販DVDや、完全無劣 化の品質であらゆるコピーガード付きDVDをXperia Xに取り込み、移動中でも鑑賞できる。



 



 



Xperia X Performance不具合・評価まとめ


2016年6月に発売予定のXperia X Performanceは、様々な最新機能を備えている一方で、Xperia本体の機能やAndroid・アプリの動作に不具合がある。そこで本文は、 Xperia X Performance発熱問題・不具合情報をまとめてご紹介する。原因が分かっていないものがあるが、判明している対処方法などもありご参考ください。


















































現象
原因
対処法/関連記事
Xperia X Performance発熱
Snapdragon 820発熱問題
電源ボタンをオフにして冷す 
Xperia Z5発熱問題>>

Xperia X Performanceバッテリーの持ちが悪い



Android6.0でWifiが異常な割合のバッテリーを消費する


スマホのバッテリーを長持ちさせる方法>>
指紋センサーの精度が悪い
ソフトウェアのバグ、相性問題など
セーフモード、リセット、再起動
画面を操作しても反応が悪い
ソフト的な不具合
再起動・強制再起動・本体ソフトウェア更新
本体の動作が遅すぎ
RAM容量圧迫・Android6.0不具合

メモリの開放とキャッシュの削除・再起動、強制終了、セーフモード実行など


カメラアプリ起動の遅さ
アプリ上のバグ
バージョンアップするまで待ったほうがよい
画面が突然再起動する
RAM容量圧迫、アプリ不具合

メモリの開放とキャッシュの削除・再起動、強制終了、セーフモード実行など


カメラ機能突然停止

Snapdragon 820発熱問題・カメラアプリのバグ、相性問題など



Snapdragon 820発熱対策を待つ・キャッシュの整理と端末の再起動 




 








Xperia Xシリーズ最新情報
機種変更Xperia iPhoneどっち
スペッ
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zql363436136/19141