iPhone7活用術:iPhone7バッテリー長持ちさせる方法まとめ

元リンク:http://www.macxdvd.com/blog/excellent-iphone-7-battery-life-saving-tips.htm




 





iPhone7節電対策

 


次世代の新iPhoneモデルはこうなるかも!?


今秋に発売されるiPhone7は革新的な進化を遂げ、iPhone史上では最上位機種となる見込み。最新情報によると、iPhone7には従来よりも大容量のストレージ(256GB)とバッテリー(3000mAh)が搭載されるとのこと。更に、iPhone7にはios10、デュアルカメラを搭載し、3D動画の撮影も可能だし、Siri機能を強化されるし、ホログラム投影機能や防水防塵機能も追加されると言われる。全体的に見れば、iPhone7を購入したい人数がiPhone6sの時より多いことが判明した。


ご存知のように、iPhoneの電池は、Android機種とは違い、電池は交換することができない。そのため、iPhone7購入し ようと思う人の多くは、「iPhone7バッテリー長持ちさせられる方法って何?」「iPhone7省エネ設定方法ってある?」「iPhone7バッテ リーの劣化を防ぐにはどうすればいいだろうか」といったような悩みを抱くだろう。そこで今回は、iPhone7ユーザーの皆さんに向け、どうすれば iPhone7電池節約できるのかについてご説明する。もちろんiPhone7以外のiPhoneの各モデルにも適用することができる。iPhoneをお 使いの方は、この記事の全文を読んでみてください。




iPhone7節電対策その1:iPhone7バッテリー長持ちさせるために気をつけること


iPhone電池の寿命をより長く持たせるには、以下のiPhone7充電方法5つに気をつける。


(ア)、 iPhone7購入時、最初はバッテリーを使い切ってフル充電する


iPhoneに搭載されている電池はリチウムイオンポリマー電池で、新品のiPhone7の場合は、最初の充電は0%を待ってから充電開始して、100% まで充電すると良いである。念のため、バッテリーを0%に使い切って100%にフル充電を2回程度だけ、最初に行った方がいい。


(イ)、 フル充電したら、その時点で充電をやめる


夜寝る前に充電して、100%フル充電になっても充電器を外していなかった。たくさんのiPhoneユーザーはこういう経験があっただろう。 これは、過充電と言い、このようにフル充電で充電し続けると、iPhone7バッテリーを劣化させ電池の減りを早める。だから、iPhone7充電する 時、100%になったらすぐに充電器から取り外す。


(ウ)、 高温の環境下に保管・充電しない


リチウムイオンポリマー電池だけではなく、ほぼ全ての電池でもそうである。温度の高い場所でバッテリーを保管したり、充電したりすると電池の性能が劣化されるし、性能も落ちる。


(エ)、 iPhone7充電する時、使わない方がいい


リチウムイオンポリマー電池の特性や注意点がわかっている方は、この点が理解しやすい。リチウムイオンポリマー電池は熱によって劣化すると 言われ、最高許容温度は45℃で、iPhone充電していると本体が熱くなるが、これに使いことによるCPUの負荷で更に本体が熱くなることとなる。バッ テリーの劣化速度も速くなる。


(オ)、 充電・放電しっぱなしにしない


初期充電とは違い、その後の充電に関するハウツーである。それはつまり、充電し過ぎたり放電し過ぎたりするとバッテリーの中身が劣化してしまうとのこと。


 





【超オススメ】Wi-Fi/4G通信をOFFにしても、DVDを楽しめるし、iPhone7電池節約できる~


ウォークラフト、ドクター・ストレンジ、デッドプール、ジャングル・ブック、シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ、X-MEN:アポカリプス、スター・トレック ビヨンド、スノーホワイト/氷の王国、ズートピア、ファインディング・ドリーなどの最新の市販・レンタルDVDを各iPhoneモデルに取り込みたいのなら、このソフトウェアをGET~全てのiOS機器に対応していて、Appleライフをもっと便利に。



MacX DVD Ripper Proダウンロード

MacX DVD Ripper Pro for Windowsダウンロード


iPhone7節電対策その2:iPhone7省エネ設定方法10つ


iPhone7電池節約には、充電方法に気をつけることがあるほか、iPhone本体を使う時にも注意点がある。以下では、少しでもiPhone7バッテリー長持ちさせるための省エネ設定方法をまとめてみた。


iPhone7省エネ

 


 


① 、Appのバックグラウンド更新をOFF


この設定をONにすると、アプリを使用していない時、バックグラウンドでデータ更新を行う。


それで、iPhone7バッテリーの減りが早くなる。この時は、設定画面に「設定アプリ」⇒「一般」⇒「Appのバックグラウンド更新」をOFF状態にする。





 




iPhone7省エネ

 


 


② 、省電力モードを活用


その名の通り、iPhoneの消費電力を抑えるモードとのこと。


有効状態にすると、iPhone7の残バッテリーが20%、10%になった時にスマートフォンが自動的に省電力モードに切り替わて、3時間ほどiPhone7バッテリー持ちを長くさせられる。「設定」⇒「バッテリー」⇒「省電力モードをONにする」とクリックすればいい。




せられる。「設定」⇒「バッテリー」⇒「省電力モードをONにする」とクリックすればいい。


 




 




iPhone7省エネ

 


 


③ 、通知機能の設定


通知機能というものは、アプリの更新情報を知らせてくれる機能である。


一般的に、設定画面には「設定アプリ」⇒「通知」⇒「通知を許可」をOFFに設定した方がいい。それで、必要ない通知をOFFにすることで、iPhone7省エネできる。


 


 





 




iPhone7省エネ

 


 


④ 、位置情報取得GPSをOFF

Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zql363436136/23598