Mac Windowsどっちがいいか?Mac Windows違いを徹底分析しよう!

元リンク:http://www.macxdvd.com/blog/smart-mac-vs-window.htm



Mac Windows違い


新しいコンピュータに買い換える時、MacとWindowsどっちが買うべきかと最初の最初に考えることである。お使いのiPhone、 iPod Touch及びiPadに近いデザインで、Apple App StoreにもアクセスできるMacのほうが気になるか。あるいは、デスクトップから、 タブレット、モバイル デバイスに対応、そして、それらの プラットフォームで動作するアプリを搭載するWindows 10のほうがもっといいと思うか。実に、MacとWindowsの対戦が長く続いて、激しく競争している。2014年、アップルとマイクロソフトは独自開発する最新OSを発表した。すなわち、Mac OS X 10.10 YosemiteとWindows 10である。最新バージョンのMacとWindows比較が盛り上げる。どっちが優秀するか。新バージョンはどこか強化されるか、新しいものが追加されるか?以下はOS X 10.10 YosemiteとWindows 10を例として、Mac Windows違いを徹底分析する。





Mac OS X 10.10 Yosemite新機能一覧:


1.斬新なデザインアップルはiOSに触発されて、インターフェースを改善した。半透明効果を入れて、よりフラットな外観にすることができる。その他、より大きの機能かつより少ないペースを目指して、ツールバーを簡素化した。


2.接続性それはOS X 10.10 Yosemite最大な売りである。MacとiOSデバイスを併用する際の使い勝手をかつてないレベルに高める。その特徴のおかげで、iPhoneの代わりに、Macで電話を答えるやかける、メッセージを送受信することができる。また、Macの上でやり始めた仕事を瞬時に別のiOSデバイスに切り替えてやり続けることもできる。そして、あなたのMacとiPhoneが近くにある場合、Instant Hotspotを使えば、iPhoneのインターネット共有をMacから遠隔操作で有効にできる。


かつてMacコンピュータの間でファイルを共有するために使用されていたAirDropは、現在、MacとiOSデバイスの間で動作できる。そのため、AirDropを使って、手軽く手元のMac から近くにある Mac や iOS デバイスにファイルを共有することができる。接続性機能から言えば、YosemiteとWindows 10比較すると、Yosemiteのほうが上位。


3.強化されたアプリMac OS X 10.10 Yosemiteが搭載したアプルが強化された。例えば、より小さくなるSafari, Mail, Messages, iCloud Driveなど。家族の中の最大 6 人までが、iTunes、App Store、および iBooks Store のコンテンツを共有できる。



Windows 10新機能一覧:


1.スタートメニューが戻ってくるWindows 8でのモダンUIを保つ上、従来のスタートメニューがWindows 10に戻ってくる。ライブタイルはスタートメニューの中の右下に見受けられ、Win7スタイルで頻繁に使うアプリを左側にピン止めでき、さらにwebとアプリの検索が下部でできる。


2.仮想デスクトップMicrosoftはマルチ・デスクトップという複数の新機能をWindows 10に追加する。同じOS環境で、特定のニーズに合うように、これらすべてのマルチ・デスクトップを組み合わせて使用することもできる。


3.ウィンドウモードWindowsストアアプリをウィンドウモードとフルスクリーンモードで実行できる。アプリに対して、最小化、最大化、移動、サイズ変更、および閉じることができるようになる。


4.コマンドプロンプト熟練者にとって非常に便利である。様々なアプリで(Ctrl+C)/貼り付け(Ctrl+V)/切り取りを実行できる。


5.今までで最も広範なデバイスをサポート将来、PCだけでなく、タブレット、スマートフォン、ゲーム機など、マルチプラットフォーム化していくのにメリットが大きい。スクリーンなしや4インチスクリーン付きツールから、80インチスクリーン付きデバイスまでよくサポートする。






各方面でMac Windows違いを徹底分析しよう!


1.サポートするアプリの豊かさ無視できないMac Windows違いの一つは、各自サポートするソフトということである。大多数のソフトはWindowsコンピュータ向け開発された。新しいソフトを購入してインストールしようと、お使いのコンピュータで実行できるかどうかと分からない。そういう場合、Windows PCを選んだほうがいい。ただし、高い性能を持つWindows PCが要求されるゲームやプログラムもある。それに、ビデオゲームをやりたい場合、MacとWindowsどっち買うべきかと簡単に判断することができる。Windows専用なゲーム数が枚挙にいとまがないほど多い。それに、主なAAAクラスのゲームはWindowsに独占されている。


一方、app storesから、MacとWindows比較すると、アップルのほうが一本取った。Mac用app storeはたくさんのプログラムを提供する。購入したら、すぐMacコンピュータにダウンロードできる。それに対して、Windows向け Microsoft Storeからアプリを購入とダウンロードすることができるが、フルスクリーンをサポートするWindows 8のみ使える。前バージョンのWindowsなら、ダメになってしまった。


2.安全性はどうなるかMacより随分多くのWindows PCが存在して、Windowsで利用可能なソフトももっと多い。そのため、Windows固有のウイルスとマルウェアも少なくない。Macのほうがどうなるか。実際に Mac でもマルウェアやウイルスが発生している。とにかく、ウィルス対策ソフトをコンピュータにインストール、又はセーフブラウジングを利用したほうがオススメ。


3.クラウドデータの同期MacとWindowsどっちでもファイルをクラウド上に保存と同期するサービスを提供する。MacはiCloudで、あなたのドキュメント、画像のコピー、および音楽のコピーをそれぞれの接続しているパソコン(とiPhone、iPad)にプッシュし、それぞれのアプリ内にドキュメントの最新コピーが常に存在するにようする。しかし、iCloudはiCloudに保存する個人的ドキュメントを鑑賞することができない。Windowsはすべての設定を Microsoftアカウントに同期する。別のパソコン(コンピューター)にサインインした場合、デスクトップ背景設定のような細かいところまでそこにあるだろう。


4.デザインと操作性Windowsはパソコンの自由度が高く、出来ることも多い。Macにはその自由度の一部がなく、その代わりにユーザーが見たいだろうと想定したものを見せ、多くのユーザーが関わりたくない核心部分は隠している。そのおかげでMacは明らかに使い易い。カスタマイズと自由度を求めるならWindowsが良いだろう。一方で面倒臭いことは抜きに「単に動く」マシンが欲しいのならMacがちょうど良いかもしれない。


外見から見れば、MacとWindowsは非常に似ている。両方とも画面下方にカスタマイズ可能なアイコンがあり、これは画面のいずれかのサイドに隠したり動かしたりが可能で、パソコン上の全てのプログラムをグリッドで表示している(Macのローンチパッド、Windowsのスタート画面)。それぞれのシステムも多かれ少なかれ似たような動作をする。ネットをブラウズし、プログラムをインストールし、画像フォルダの中を見る。1つだけ一方のOSが出来てもう一方が出来ないのは、もう一方のシステムのためだけに設計されたプログラムを動かすことだ。


5.コンピュータのスタイルと価格無視できないMac Windows違いのもう一つは、Windowsは$3,000以上高価なものからな数百ドルの安価のものまで、多種多様なコンピューター上で動作するのである。ご期待に応えて、タッチスクリーン、ノートPC、ウルトラブック、オールインワンデスクトップパソコンなど、選択可能なものがおおすぎる。Mac OSはAppleコンピュータでしか動作できるない。ところが、アップルは薄型・軽量化かつパワフルなデスクトップPCとノートPCを提供している。一般的言えば、AppleコンピュータはWindows機器より高くなる。相応的に、Appleコンピュータの品質は業界でも最高し、素晴らしいサポートも提供してくれる。





MacとWindowsどっちにも対応可能なDVDリッピングソフトが登場!


iPhone Mac Windows違いをさておいて、ここでは、MacとWindowsどっちにも利用可能なDVDリッピングソフトMacX DVD Ripper Proを紹介する。DVDコレクションを作成したい方や、映画をDVD映画をスマホに取り込んで、移動中でも再生方にちょうどいいソフトである

Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/zql363436136/9377